町長コラム(2014年3月「ふるさと納税」)

2015年2月26日

「ふるさと納税」

 ふるさと納が始まって6年目にして当町の実績はうぎのぼりに上昇しており、担当課職員は恵比須顔で対応に追われている。出身地、思い出の場所、興味のある自治体に「寄付」することができ、その用途を指定できたり、金額に応じてお礼の品を進呈したりする自治体が数多くある。また、納税することで〝ふるさと〞と新しい関係づくりを促進する制度である。昨年度は、件数が42件、金額が143万円で最高であったが、今年度は3月17日で件数が856件、金額が924万円(申し込み数)と大躍進している。要因は、特典の品数を増やし、6段階に改め、カタログをリニューアルしたことがあげられる。100万円以上の寄付者は、一日町長が体験できる。一日町長体験については、2度テレビの取材を受け4チャンネルで取り上げられた。未だ応募はないものの、職員のアイデアが高く評価されたものと考える。自分で税金の使い道が決められることも関心が高く、「町の取り組みに賛同する」、「いつか、真室川町を訪問してみたい」などが寄せられている。特典のほとんどが町産品であることも高く評価されている。今後も産品増を図り、町外の方々へ町の魅力を発信していく。

お問い合わせ

企画課
電話:0233-62-2111