戸籍・住民票等を郵便で請求する場合の手続きについて

2017年4月25日

戸籍・住民票等の郵便による請求方法

1.手続きの大まかな流れ

(1)必要書類・手数料・返信用封筒を真室川町役場へ郵送する

 ◇必ず必要なもの 

 ・請求書(郵便請求).pdf(93KB)(ダウンロード・印刷して使用してください)

 ・請求者の本人確認書類(運転免許証など)

 ・返信用封筒(送り先を記入し、切手を貼り付けたもの)

 ・手数料(現金書留・郵便為替)

 

 ◇請求内容によりその他書類が必要となる場合があります。

  詳細は2.(5)を参照してください。

(2)書類を町民課で確認し、不備がなければ発行・郵送します

  ◇不備や不明な点がある場合、請求者へ電話等で連絡します

2.注意事項

(1)請求書について

 ・相続手続きなどで使用するものを請求する場合、「誰の」、

  「どんな書類」が必要なのか具体的に記入してください。

 ・内容について請求者あて問い合わせる場合がありますので、

  日中に連絡できる電話番号を必ず記入してください。

(2)請求者の本人確認書類について

 ◇ご利用可能なものの例

 ・運転免許証

 ・住基カード、個人番号カード

 ・国民健康保険証、後期高齢者医療保険証 など

 

 ◇注意点

 ・送り先の住所が「印字」されているもの

 ※住所を手書きしている社会保険証などを添付する場合は、

  請求者の名前と送り先の住所が記載されている公共料金の

  領収証等を同封してください。

(3)返信用封筒について

 ◇封筒の大きさ

 ・証明書はA4版を3つ折にして封筒に入れますので、大きめの

  ものをご用意ください(長3、角2など)

 

 ◇切手

 ・原則として定形内(長3など)の封筒には82円、定形外

  (角2など)の封筒には120円の切手を貼り付けて下さい。

 ・証明書が多く、切手が不足する場合は「不足分着払い」にて

  発送します。

 ・速達での返送を希望される場合は、封筒に「速達」と記入し、

  速達料金分の切手を貼り付けて下さい。

 

 ◇返信用封筒には、あらかじめ送り先の住所・宛名を記入してください。

 

 ◇注意点

 ・送り先は原則として「請求者の住民登録地」です。

 ・現住所地と異なる送り先を指定する場合、電話等で内容を確認したうえ

  別途証明をお願いすることがあります。

(4)手数料について

 ◇送付方法

 ・現金書留

 ・定額小為替(郵便局で購入)

 ・普通為替(郵便局で購入)

 

 ◇注意点

 ・上記3つの方法によりお釣りが出ないように送付してください。

 ※お釣りが発生した場合は切手でお返しします。

 ・相続用の書類など、全部で何通必要になるかわからない場合、

  電話では事前に金額を確認・お知らせすることができません。

 ※あらかじめ多めに手数料を送付いただくか、請求書到着後に

  電話等で金額をお知らせしたのち、手数料を送付いただくこととなります。

 ・手数料の後納はできません。請求の際は下記にて必要な手数料を確認して

  ください。

 (5)場合により必要となる書類について

 ◇請求者(直系の親族)が、自身の記載がない戸籍を請求する場合

 ・必要な方との関係が証明できる書類(戸籍謄本等・コピー可)

 ※真室川町の戸籍で関係を確認できる場合は不要です。

 

 例)夫婦 … 婚姻継続中であることを確認できる戸籍

   養子 … 養子縁組関係継続中であることを確認できる戸籍

 

 ◇その他請求者(委任状添付不可の場合)

 ・利害関係、請求理由、提出先を明らかにできる資料(契約書等)

 

 ◇法定代理人・法人

 ・戸籍謄本や代表事項証明書、社員証など

 

お問い合わせ

町民課
住民窓口担当
電話:0233-62-2111