真室川ブランド認定品

公開日 2020年11月24日

更新日 2020年11月26日

令和2年10月末時点の認定品を紹介します。

農産品

okome

土づくりに早くから注目。農薬と化学肥料を慣行の半分以下に減らした特別栽培や天日乾燥、土壌改良剤❝ワーコム❞の活用等こだわりの栽培方法から生まれた「つや姫」「はえぬき」「あきたこまち」「ひとめぼれ」「コシヒカリ」「雪若丸」等。

 

negi

ねぎ

ねぎづくりは土づくりと言われ、町内産の堆肥を長年使ってきた成果として、葉には光沢、葉鞘にはハリ、柔らかさ、甘みがあるのが特徴。近年栽培者も増え、県内有数の生産地に成長している。

 

 

niraにら

5月から10月まで切れ目なく長期間にわたり収穫できる園芸作物として、近年急激に栽培面積が拡大している。甘みをたっぷりと含んだ柔らかい歯ごたえが特徴で、市場でも高い評価を得る。生産量・額ともに県内トップレベル。

 

 

taranomeたらの芽

出稼解消を目的とした冬期間農業としての先駆け。早い秋冷が誘う十分な休眠、秋から冬にかけて適湿な気候などが良好な品質の支えとなり主産地として評価されている。

 

 

uruiyukiurui(写真左)うるい (写真右)雪うるい

軽い歯ごたえとぬめりが特徴。西洋野菜に近い位置づけを獲得し、近年人気上昇中。白さと柔らかさを強調した「雪うるい」は光を遮断しながら育成。生でも美味しく食べられるサラダ用野菜としても注目。

これまでの6品目 もがみ中央農業協同組合 ☎0233-32-1511

 

nameko原木なめこ

全国トップクラスの生産量。先駆けとしての歴史、原木を確保し易い豊かな森林環境、栽培に適した気候条件などから真室川町は、❝原木なめこのふるさと❞と称されている。

最上広域森林組合 ☎0233-62-2102

 

genbokunameko原木奥山なめこ

天然なめこの発生する西郡地区の山中に原木を持ち込み植菌。収穫期には毎日通って収穫適期の肉厚の原木なめこを収穫。植菌から収穫までの全工程を行う確かな栽培技術で、安全で天然物に劣らないおいしいなめこを栽培している。

真室川きのこ本舗 ☎0233-62-4441

 

tonbi葉床とんび舞たけ

栽培きのこの多くは原木栽培が高品質とされる中、とんび舞たけだけは湿度を一定に保つ葉床栽培が高品質とされている。天然ものと比較しても柔らかく、真室川町では慶事には欠かせない食材として親しまれている。

真室川きのこ本舗 ☎0233-62-4111

 

maitake原木舞茸

真室川の湿潤な環境と生かし、より天然に近い原木舞茸の栽培に成功。町内産ナラに自社植菌、じっくりと培養したほだ木を栽培地に伏せこんで秋口の自然発生を待ち収穫。期間限定の出荷となる。

真室川きのこ本舗 ☎0233-62-4111

 

warabi極撰にしこおりわらび

長年の実践を通じ、粘りは土壌由来、太さは系統由来であることを発見。町内においても特にわらびの良産地とされる西郡地区の株を、こだわりの根づくり。天然を超える、極太で粘りの多い最高品質のわらびを増殖栽培している。

真室川きのこ本舗 ☎0233-62-4111

 

jingoemon甚五右衛門芋(じんごえもんいも)

町内大沢にある森の家の圃場でのみ栽培される食感柔らかな一子相伝の里芋。栽培期間中、農薬と化学肥料の不使用を実施。近年、その美味しさと珍しさで知名度も注目度も上がっている。

森の家 ☎090-7795-2701

 

abeあべの里芋

健康な里芋は健康な土づくりから、良質なたい肥と米ぬかを投入した、こだわりの土壌で栽培。郷土食・芋の子汁の主役である里芋の中でも特に食味が良く、つるりとした肌と柔らかさが特徴の孫芋のみを手選別している。

あべ農場 ☎0233-29-8933

 

kome米(つや姫、はえぬき)

【機種依存文字】近岡商店稲作研究会は、昭和47年から続く伝統ある会。稲作技術向上のため、現地指導会などを毎年実施し、こだわりの多木式農法を実施。美味しい真室川産米を生産し、全国の消費者から好評を得ている。

(株)近岡商店 ☎0233-62-2348

 

ringo真室川りんご

約60年前より、寒さに厳しい真室川町が実のしまった美味しいりんご栽培に適しているとして生産を開始。土地に合った品種を選び、安全安心なりんご生産を心がけている。

田中りんご屋 ☎0233-65-2106

 

6真室川の伝承野菜

真室川町の各所で長年守り伝えられてきた貴重な伝承野菜を後世の人々にも食べてもらえるように真室川伝承野菜の会では現在6品目の種の伝承と栽培継続に取組んでいます。

真室川伝承野菜の会 ☎090-3125-2500

 

麺類

sawarabi早蕨そば

真室川の里山で春一番に採れた美味しい早蕨(さわらび)を練りこんだ春の香りがする「早蕨そば」。自然豊かな真室川の山菜を全国に知って頂くため、商品名は山形新幹線の新庄延伸時に全国募集して決定。

(有)庄司製麺工場 ☎0233-62-2760

 

wa-komuワーコムうどん・そば

真室川ブランド認定品のこだわり米のひとつ。ワーコム農法のワーコム米を使用した真室川ならではの商品。小麦粉は東北産の「ゆきちから」、米粉は真室川産の「ひとめぼれ」、そば粉は最上産の「最上早生」を使用。

(有)庄司製麺工場 ☎0233-62-2760

 

komeko米粉中華ハイ辛ラーメン(生)

麺に練り込まれた米粉によってもちもちとした食感とコシが生み出された米粉中華麺。真室川の米粉を使用しているほか、小麦も県内産にこだわった生まれも育ちも「山形」のラーメン。平成22年度「やまがた米粉食品コンクール」優秀賞受賞。

                                     (有)庄司製麺工場 ☎0233-62-2760

 

udon親子芋うどん甚五右衛門

町内の伝承野菜「甚五右衛門芋」を練り込んだうどん。粘りや食感の違う親芋と子芋の両方をバランスよく加えることで、つるつるとした芋の特長を生かした食感を実現。細めの平打ち麺で、茹でのびしにくく、郷土食「ひきづりうどん」にも適する。

(有)庄司製麺工場 ☎0233-62-2760

 

農林水産加工品

yamatomi純米吟醸「やま富近岡」

真室川で育った酒米「美山錦」100%使用し、真室川の新しいお土産作り、真室川産米の全国PRを考えて発案され、誕生した地酒。いくつものコンクールで高い評価を得たフルーティーな純米吟醸酒。

(有)近岡商店 ☎0233-62-2348

 

yukimegami純米大吟醸「やま富近岡 雪女神」

山形県が開発した大吟醸用酒造好適米・雪女神を真室川町産で作付し、真室川産・雪女神100%使用した純米大吟醸酒。米の旨味と甘みが口に広がり、透明ある味わいが楽しめる逸品。

(有)近岡商店 ☎0233-62-2348

 

budo山ぶどう液(原液)

使用している原材料には、保存料、着色料等はもちろん、砂糖などの甘味料も一切使用しておらず、山ぶどうのみを搾って作った安心してお飲みいただける商品。山ぶどう本来の甘味、酸味、そして風味を楽しむことができる濃厚果汁。

(有)佐藤商店 ☎0233-66-2100

 

wain真室川産山ぶどうワイン「巨木の雫」

国内有数の巨木群、手つかずの原生林、雄大な自然の中で古来より地元の人々に親しまれてきた山ぶどうを原料に、初霜が降りる10月半ば、完熟しきった山ぶどうだけを選び、昔ながらの方法で醸造熟成させた山ぶどうのワイン。

(有)近岡商店 ☎0233-62-2348

 

umesyu真室川の梅酒「梅里苑」

真室川音頭に唄われた「梅」で知られる真室川町の新しい名物となることを目指して開発。真室川公園で収穫された梅だけを原料に県産の日本酒にじっくり1年間漬けこんで完成させた日本酒仕込みの梅酒。

真室川の梅酒作りプロジェクト

(株)近岡商店 ☎0233-62-2348 松澤酒店 ☎0233-62-2886

 

100真室川りんご100%ジュース

約60年前に始まったりんご栽培。今では「真室川りんご」として評価を獲得。また、キズ果や形の悪いりんごを活用したジュース加工も開始し生まれたのがこの商品。搾りかすは町内の飼養農家に餌として提供。循環型農業実施の加工品。

田中りんごや ☎0233-65-2106

 

yo-ho天然100%濃いはちみつ

町内の山林に自生している、アカシア、栃、山ふじ、タニウツギ、山桜等から採蜜。自家採蜜で、採蜜時には給餌しない天然100%の純粋はちみつ。

真室川養蜂 ☎0233-62-4440

 

hatimitu純粋天然はちみつ

豊かな自然があればこそ、採取、生産できる商品。栃、アカシア、百花、栗、様々な種類別に商品化していることや100g入りの小瓶詰め販売をしているのも特長のひとつ。添加物なし、加熱処理なし、採取したそのままの純粋天然はちみつを瓶詰めした商品。

大沼養蜂 ☎0233-63-2708

 

yasoutya野草茶

野草・薬草は古くから当地での暮らしの中に息づいており、雪に閉ざされる冬に医者にかかるのが困難だったため、野草・薬草を使用していました。オトギリソウ・ハッカ・よもぎ・赤すもも・カキドオシ・ドクダミ・桑の葉・桃の葉を使用しております。

春夏秋冬真室川 ☎0233-63-2640

 

mamurogawaduke真室川漬

真室川で昔から作られてきた家庭料理をアレンジし、原木なめことワラビ、タケノコなどの山菜を混ぜて加工した総菜缶詰。材料は天然物自然物にこだわり、製法においても、保存料や着色料等は一切使用しておらず、安全安心にこだわった商品。

(有)佐藤商店 ☎0233-66-2100

 

kankoni蕗甘露煮

真室川の伝統的な家庭料理をアレンジして商品化したもので、長年のロングセラー商品。栽培ものの蕗を使わず、天然物の蕗のみを使用。栽培ものでは実現できない滋味あふれる人気の一品。

(有)佐藤商店 ☎0233-66-2100

 

kawasakana梁獲り川魚の甘露煮

春はサクラマス、秋にはサケがそ上する真室川町の豊かな河川。梁で獲れた鮎・ハヤ・カジカ等を炭火で素焼きにした後、甘露煮にしました。祝いの席や贈呈品にもお勧めの逸品。

春夏秋冬真室川 ☎0233-63-2640

 

pikurusu勘次郎胡瓜のピクルス

120年以上昔から真室川町のみで作られてきた勘次郎胡瓜を使ったピクルス。シンプルな味付けながら地鶏のハーブや赤にんにくの香りを真空調理で胡瓜に閉じ込める事で、深みのある味わいに仕上げています。ワインのお供やカレーの付け合わせにピッタリ。

工房ストロー ☎0233-62-3796

 

konpo-to勘次郎胡瓜のコンポート

最上伝承野菜認定の貴重で美味な勘次郎胡瓜を旬の夏場以外にも味わってもらおうと開発した商品。特長である鮮やかな黄色が加工後も残り目にも美しい一品。まるでいちじくを思わせる様な食感も人気で、特にヨーグルトとの相性がバッチリ。

工房ストロー  ☎0233-62-3796

 

jyamはちみつジャム

「果樹大国」山形。ミツバチたちが受粉して実った山形の果実と「純粋天然はちみつ」使って作ったフルーツジャム。養蜂やならではの逸品です。はちみつ含有量35%、砂糖不使用、無添加、ペクチンを使用していないため、1日かけ丁寧に手作り仕上げています。

大沼養蜂 ☎0233-63-2708

 

菓子類

kobaiまむろの香梅

真室川のシンボルである梅にこだわり、梅風味の白餡をほんのりピンク色の梅花型の最中ではさんだ上品な和菓子。梅の里真室川土産として地域内外の方々から大好評。

菓子処亀甲屋 ☎0233-65-2016

 

kinakoきな粉アメ

米あめを主原料にした昔ながらの製法、完全手作りで生み出される素朴な商品。きな粉にも地元産大豆を用いてる。特長である口どけ感を維持するため、柔らかく仕上げており、気温の低い10~3月の限定商品。

ひらのや ☎0233-63-2318

 

kekiやま富近岡酒ケーキ

真室川の地酒・純米吟醸「やま富近岡」のみを使用した酒ケーキ。ブランド認定業者・菓子処亀甲屋とのコラボレーションで日本酒が苦手な人も楽しめる大人のおやつに。フルーティーな香りとしっとりとした食感が特徴で優れたお土産菓子として数々の賞を受賞した逸品.。

(株)近岡商店 ☎0233-62-2348

 

yubesiondomonaka(写真左)真室川音頭ゆべし (写真右)真室川音頭最中

いずれも「真室川音頭」にちなんで開発したお菓子。半世紀に及ぶ販売実績があり、真室川のお土産として町内外のお客様から支持を得ているロングセラー商品。

(株)おかしの平和堂 ☎0233-62-2762

 

sui-tu伝承野菜スイーツ

真室川の伝承野菜をテーマにしたスイーツシリーズ。いずれの素材も生産者から直接入手し、素材の特長を生かしつつ驚きの洋菓子を開発。写真手前から時計回りで「タルト甚五右衛門」「勘次郎胡瓜のジュレ」「黒五葉の枝豆プリン」「黒五葉のモンブラン」の4品。

(株)おかしの平和堂 ☎0233-62-2762

 

工芸品

sikki真室川漆器

真室川町には古くから漆植栽の歴史があります。その歴史を活かし、汁椀・丸盆・茶筒・箸等を定番商品としながら、真室川の食文化を支える器づくりを目指しています。

漆器工房学 ☎0233-65-2704