本文へジャンプ




原木なめこ

山形県の原木なめこは全国トップクラスの生産量を誇っており、中でも真室川町は県内一の生産量で県生産量全体の約三分の一を占めています。

昭和初期から人工栽培と缶詰加工に積極的に取り組んできた先駆けとしての歴史、豊かな森林に恵まれブナやコナラ等の原木が確保され易い環境、そして何よりもなめこ栽培に適している気候などから真室川町は“原木なめこのふるさと”と称されており、原木なめこは当組合を代表する山の幸となっています。

なめこは室内での人工培地による菌床なめこが多くなっていますが、原木そのものを使い、山の中の自然環境下で栽培する原木なめこは、まさに天然もののように色濃く、ぬめりが多く、味も濃厚で、なめこ本来の味が楽しめます。

【区分】菌茸類/【認定番号】2009-07/【申請者】最上広域森林組合
【問合先住所】〒999-5312 山形県最上郡真室川町大字新町270-1
【TEL/FAX】0233-62-2102/0233-62-2953
【ホームページ】最上広域森林組合


真室川りんご

約50年前より、寒さの厳しいこの真室川が実のしまったりんご栽培に適しているとして生産を始めて、今では、町内外のお客様より贈答用としても、「真室川りんご」を買ってもらっています。

単なる「山形りんご」との表示では範囲が広いため、他県に流通した場合は、県内の他の産地・業者と混同されることが考えられることから、「真室川りんご」と命名し、販売しています。

キズや形が悪く、生食用として売りにくいりんごを有効活用する為にジュース加工を始めました。またジュースのしぼりかすは町内の牛飼養農家に餌として提供しています。

【区分】果実/【認定番号】2009-08/【申請者】田中りんご屋 田中幸夫
【問合先住所】〒999-5604 山形県最上郡真室川町大字釜渕827-206
【TEL】0233-65-2106
【ホームページ】


真室川りんご
100%ジュース

約50年前より、寒さの厳しいこの真室川が実のしまったりんご栽培に適しているとして生産を始めて、今では、町内外のお客様より贈答用としても、「真室川りんご100%ジュース」を買ってもらっています。

単なる「山形りんご」との表示では範囲が広いため、他県に流通した場合は、県内の他の産地・業者と混同されることが考えられることから、販売当初より「真室川りんご100%ジュース」と表示して販売しています。

キズや形が悪く、生食用として売りにくいりんごを有効活用する為にジュース加工を始めました。ジュース用空きビンの回収も積極的に行いリサイクルに努めています。またジュースのしぼりかすは町内の牛飼養農家に餌として提供しています。

【区分】ジュース/【認定番号】2009-09/【申請者】田中りんご屋 田中幸夫
【問合先住所】〒999-5604 山形県最上郡真室川町大字釜渕827-206
【TEL】0233-65-2106
【ホームページ】




今後も、関連写真などの情報をどんどん追加していきます。





このページのトップにもどるこのページをとじる
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.