本文へジャンプ




真室川産
山ぶどう酒
「巨木の雫」

真室川産の山ぶどう100パーセントによる「山ぶどう酒」。

国内有数の巨木群、手つかずの原生林、その雄大な自然の中で古来から地元の人々に親しまれてきた山ぶどうを原料に、初霜の降りる10月半ば、完熟しきったぶどうだけを選び、昔ながらの方法で醸造熟成させた「山ぶどう酒」です。

そうした歴史的な背景を活かすため、近年になって山ぶどうの栽培を手がける農家が増えてきました。そんな生産者らが山ぶどう研究会を結成し、研鑚を積み上げながら、安全で安心できる原料となる山ぶどう作りに取り組んでいただいております。

【区分】酒類/【認定番号】2009-10/【申請者】㈱近岡商店 近岡秀雄
【問合先住所】〒999-5312 山形県最上郡真室川町大字新町823
【TEL/FAX】0233-62-2348/0233-62-2349


純米吟醸
「やま富近岡」

真室川で育った酒米「美山錦」を使用し、真室川の新しいお土産作り、真室川米の全国PRを考え、㈱近岡商店稲作研究会で発案され、誕生した地酒です。

真室川の農家でも特に酒米作りに熱心な方を選定して栽培をしていただいております。その酒米を伝承の技と手作りにこだわる蔵元、秀鳳酒造場が50%以下まで磨き上げ、低温で大切に長期発酵させ誕生した地酒です。

やま富近岡は、全国に向けて発売中で、町内外より高い評価を得ている酒でもあります。全国最大規模の酒のコンクールである全国日本酒コンクールで二部門で日本一になりました。

安全、安心のため、農家からは栽培履歴の提出をお願いし、原料となる酒米の管理にも気を配っています。

【区分】酒類/【認定番号】2009-11/【申請者】㈱近岡商店 近岡秀雄
【問合先住所】〒999-5312 山形県最上郡真室川町大字新町823
【TEL/FAX】0233-62-2348/0233-62-2349


まむろの香梅

民謡真室川音頭には「梅」が登場し、真室川町では春になると梅公園を会場にした「梅まつり」が盛大に開催されております。また、町の花と木も「梅」と制定されており、そんな真室川のシンボルである梅にこだわり、当店で製造販売されるお菓子の菓名にはこの「まむろの香梅」のほかにも「梅」を名称に、そして原料に折り込んで、販売しているものが多数あります。

町内産の梅を使用しての菓子製造を目指しており、この「まむろの香梅」の餡にも、原料の一部に、当地域産の梅の果肉も使用し、製造しているところです。

梅風味の白餡をほんのりピンク色の梅花型の最中ではさんだ上品な和菓子で、地域内外の方々からご好評をいただいております。

第25回全国菓子大博覧会名誉総裁賞(技術部門)受賞

【区分】菓子/【認定番号】2009-12/【申請者】菓子処亀甲屋 栗田光雄
【問合先住所】〒999-5604 山形県最上郡真室川町大字釜渕374-5
【TEL/FAX】0233-65-2016/0233-65-2016
【関連ホームページ】まむろの香梅




今後も、関連写真などの情報をどんどん追加していきます。





このページのトップにもどるこのページをとじる
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.