トップページへもどる 本文へジャンプ



〜真室川ブランドに親しむ夕べ〜まむろがわ逸品展2011盛大に!

平成23年11月22日(火)【イベントハウス遊楽館にて】

5年目の開催となる逸品展ですが、今回は大幅に趣向を転換。季節を夏から秋に、複数日開催を1日に、日中開催を夜に、委託紹介販売を出展事業者自らの紹介販売に、入場料無料から有料に、食関係出展業者すべてが試食提供するなど、どれもこれも新しい試みが満載でした。参加ブースは24、スタッフ総勢で約70名、商品は約140種3000点にも及びました。

また、今回は特に、農商工連携セミナー受講事業者による新商品(地元のなめこと梅から誕生した新感覚のノンオイルドレッシング「梅なめこ酢」や、いなごで作ったふりかけ「稲の子」、真室川にしかない伝承里芋「甚五右ヱ門芋」を生地に練り込んだ「甚五右ヱ門うどん」やスウィーツ「タルト甚五右ヱ門」、伝承野菜勘次郎胡瓜で作った「コンポート」等など)の発表会も兼ねて開催したほか、恒例となった県内有名店のシェフによる真室川食材を活用したオリジナルメニューの試食提供に加え、農商工連携セミナーの講師であるフードコーディネーターによる、驚き新メニューの試食もありました。

こういった目新しい数々の催しが来場者の関心を集めたこともあり、会場となった遊楽館には、想定を大きく上回る町内外の約400名に足を運んでいただきました。開場と同時になだれ込むように押し寄せた入場者の熱気にあふれた会場内では、お目当ての商品を探したり、試食試飲をしながら、じっくりと品定めをしたり、シェフの本格的な味に舌鼓を打ったりと、終始にぎやかで、来場者も、出展事業者も双方にとって実りの多い盛大なイベントとなりました。

お酒の試飲も人気コーナー その場で商品アンケートを 資源を活かした工芸品も

梅里苑は梅へのこだわり 途切れない客の行列 話題の甚五右ヱ門芋も

どこもかしこも満員御礼 主催者あいさつ 開会セレモニーにもこの人数


農商工連携セミナー講師陣 県内シェフ料理試食に列 きな粉アメの作り方実演も


このページのトップにもどる


来場者数
アクセスカウンター
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.