トップページへもどる 本文へジャンプ



〜真室川ブランド普及推進イベント〜まむろがわ逸品展2013 ・春まち

平成25年2月1日(金)【イベントハウス遊楽館にて】

6回目の開催となった逸品展。今回ははじめて冬に開催し、この季節ならではの食の楽しみを演出、前回に勝るとも劣らない会場演出にご来場の皆さまに大いに喜んでいただきました。

真室川ブランドに認定されている品々をはじめ、この季節ならではの物産を生産者や製造者自らが持参し、来場者と直接対話しながら、商品の試食をしていただいたり、購入していただけるのがこのイベントの最大の特長であり、さらには、これだけ多くの事業者が一堂に揃うというのも滅多にない機会とあって、遠くは、隣県宮城からも多数ご来場いただいた他、県内や近隣市町村からも足を運んでいただきました。

今回、出展したのは23のブースで、それぞれに自慢の逸品を積極的にアピールしていただきました。この時期ならではの目玉として登場した促成山菜(JA真室川町)のコーナーには、促成山菜を栽培するビニールハウスのミニチュアが出現し、来場者の関心をひときわ集めていたほか、雪うるいやふきのとう、うど等を使用した県内有名店シェフの料理試食にも行列ができる人気ぶりでした。こちらで登場した料理6品のレシピは、下記のメニューをクリックするとご覧になれます。是非あなたもチャレンジしてみてください!

☆ホテルメトロポリタン 西洋料理長 工藤仁氏 考案レシピ 
 ・雪うるいと生ハムのサラダ梅なめこ酢風味のマヨネーズソース
 ・真室川彩り豆のカスレ風
 ・ばっけ味噌風味のパスタ風うどん

☆ビストロ シェ・ボン オーナーシェフ 小松秀文氏 考案レシピ
 ・雪うるいのチュミチュリ
 ・促成山うどと赤にんにくの洋風煮込み
 ・6種の伝承豆のクラフティ

また、この季節ならではの郷土食をあつめたコーナーでは、町の食生活改善推進協議会メンバーが、春から秋に保存しておいた山菜やきのこを加工した炒り物や漬物、昔ながらの味噌田楽(焼おにぎり)をふるまい、こちらも大人気でした。

今回は、開場時間を大幅に拡大して、午前11時半〜午後7時半までとしたため、来場者もゆっくりと各出展品を堪能できたとの声が多く、出展者のアンケートからも、お客様とゆっくりお話出来たうえ、商品に対する貴重なご意見を直接いただけるなど、参加してよかったとの声が多数上がりました。双方にとってみのりあるイベントとなった第6回の逸品展の様子をご覧ください。

きな粉アメ作りの実演 石臼できな粉づくりWS 促成山菜ミニチュアハウス

出展者と来場者の対話 伝承野菜のスイーツ 甚五右ヱ門芋きぬかつぎ

うつわの展示販売も パッケージが人気「豆類」 郷土食「味噌漬け田楽」


ビストロ シェ・ボン ホテルメトロポリタン山形 試食が満載



このページのトップにもどる


来場者数
アクセスカウンター
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.