トップページへもどる 本文へジャンプ



〜真室川ブランド普及推進イベント〜まむろがわ逸品展2016・春よ来い

平成28年2月13日(土)【イベントハウス遊楽館にて】

  真室川ブランド認定品をはじめとする町の特産品を一堂に集めた年1回の物産イベント「まむろがわ逸品展2016春よ来い」が2月13日(土)、イベントハウス遊楽館にて行われました。今回は「真室川らしさとは?」という視点から「雪深い冬の生活に耐え、春の到来を喜ぶ越冬の知恵」をテーマに据え、保存食と促成山菜、冬の手仕事であるクラフトワークなどが出展されました。 県内有名シェフと真室川産食材とのコラボレーションでは、天童市の「山形フレンチシェ・ボン小松オーナシェフ」と、新庄市の「ニューグランドホテル丹野総料理長」の2名が、促成山菜・保存食を活用したメニューを披露、試食は大好評で瞬く間になくなりました。そして、第2回となる「真室川新名物料理コンテスト」では、促成山菜活用部門、保存食活用部門合わせて12作品がエントリー、1作品100食で合計1、200食の試食が 提供されました。審査は一般審査員97名と3名の特別審査員で行われ、ゲスト審査員として新宿でミシュランガイド5年連続★を獲得している「季旬鈴なり」の村田明彦店主も参加、会場も大いに盛り上がりました。 また、冬の手仕事というテーマで、わら細工、つる細工、漆器といったクラフトワークの展示販売も行われ、今回初出展となったひょうたんランタンは特に人気を集めていました。

真室川漬・蕗甘露煮 いなごふりかけ 百花蜜

山菜加工品 真室川りんごジュース 好評な試食会

笑顔弾ける交流 アート作品 シェフの振る舞い


このページのトップにもどる


来場者数
アクセスカウンター
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.