本文へジャンプ


●真室川町の食暦●


真室川の食文化は、地域で自給できるものを基本として形成されてきました。
真室川にどれくらいの食材があるのか。それを知ることが、地域の食文化を知る第一歩です。

ここに紹介している情報は、真室川の16人のお母さんたちに答えてもらったものをもとに作ったものです。
16人のお母さんたちだけでも、180を超える食材を自給していることがわかりました。
そのときにつくったのが「食べ物ごよみ」です。利用できる大まかな時期まで分かります。

特に目を引くのは、山の恵み。春には山菜、夏には川魚、秋にはきのこ・・・。
豊かな自然がごちそうを次々ともたらしてくれます。

次の一覧は、その後の調査分も加えて、さらに多くの種類となっています。
それぞれの区分をクリックするとその内訳がご覧いただけます。



区分 種類
田畑の作物 119種
  (果菜)   (23種)
  (根菜)   (24種)
  (茎・葉・花菜)   (52種)
  (豆類)   (16種)
  (穀類)   (4種)
山菜・野草 48種
川の食材 17種
獣類・昆虫など 23種
きのこ 26種
果樹・木の実 30種
・合計 260種

※写真がアップされていないものも多数ありますが、随時更新していきます。




このページのトップにもどるこのページをとじる
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.