本文へジャンプ


 ●伝統料理レシピ集●


これまでの食の文化祭に出品された伝統料理のレシピを紹介しています。
レシピの最後には、出品の際に添えられた料理紹介やメッセージも紹介しています。


材料 作り方 料理紹介・メッセージなど







ウルイとアイコの漬物
ウルイ/アイコ/塩/しょうが①ウルイはさっと湯がいて冷水にとり、食べやすい長さに切っておく。②アイコは葉を取り、塩をまぶして板ずりし、これも好みの固さで湯がく。③しょうがの千切りと①②をお好みの塩を加えて混ぜ合わせ、軽く重石をして寝かせたら出来上がり。重石をせずに寝かせもせずに塩気をなじませただけで食べてもおいしい。冷蔵庫で寝かせ冷やしておくとさらに食べ口が良く箸がすすむ。アイコの板ずりをするのは粗い毛を落としたり、色良く仕上げるためのひと手間。アイコの毛は素手に刺さると痛いので、手袋をかけることをすすめたい。ウルイとはオオバギボウシのことで、アイコとはミヤマイラクサのことです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


凍み大根と鰊の煮付け
凍み大根/身欠きにしん/人参/しいたけ/だし汁/みりん/醤油/酒①凍み大根は、熱湯につけて、軟らかくなるまで戻す。②身欠きにしんは米のとぎ汁につけ一晩置き、熱湯を回しかけてそのまま冷まし、水洗いして食べやすい大きさに切っておく。③絞った①と②を鍋にいれ、人参やシイタケも入れてだし汁で5分ほど煮る。④みりん、酒、醤油でお好みの味を付け、弱火で煮つけて出来上がり。凍み大根やニシンは戻すのにもひと手間かかります。煮物も手間のかかる料理ですが、そういう料理がおいしい理由は、手間がかかっていることにあるのかもしれません。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ミズたたき
ミズ(根元)/味噌①根元から採取し、流水でよく洗う②根元部分を切り落とし、細根をむしる③すりこぎで1本ずつたたく④包丁でさらにたたく⑤味噌を加えてさらに細かく叩くねばりが強く、ごはんにかけて食べるのがおすすめ
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


味噌かぶ
地かぶ/味噌①薄く切ったかぶを沸騰した湯にさっとくぐらせた後すぐに冷やし辛味を引き出します。②すり鉢ですった味噌を①に和える。③軽く重石をして寝かせ、汁があがってきたら出来上がり。最近は、味噌に砂糖や胡麻や胡桃を加えることもあるようです。仏様の大好物で春彼岸の時には保存しておいたかぶを使って作り、必ず仏前に供えられます。これを食べるとなだれに遭わないと言われています。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ワラビたたき   
ワラビ/味噌①アク抜きしたワラビを、叩きやすくするために火にかける②柔らかくなったらざるに取り、水を切ってすりこぎで叩く③木ベラに味噌をつけて焼く④焼き味噌と刻んだ山椒を加えて包丁で叩くねばりが強く、ごはんにかけて食べるとごはんがすすむ
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈葱なます
大根/塩鮭の氷頭/葱/酢 ①氷頭を焼き、細かく刻む。②大根をおろして刻んだ青ネギと①を合えて酢で味を調える。(塩気は氷頭から出る)この料理は、稲の種蒔きをした日の晩に種蒔き祝いとして、作る料理で、その名の通り、ねぎは畑から稲を刈るようにして刈り取ってきて使います。蒔いた種が無事刈り取れるまで成長するようにとの願いが込められているのでしょうか?
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


塩漬けかぶの炒り物
塩漬けの地かぶ/しょうゆ/酒/砂糖/油/赤唐辛子の塩漬け刻み/かつお節 ①塩漬けのかぶを刻んで鍋に入れ、水から火にかけ沸騰前で水を替えることを3回程繰り返し塩抜きする。②調味料をすべて合わせて煮立たせ、水を切った①を入れて炒めながら、味をなじませる。あまり炒めすぎるとかぶが柔らかくなりすぎるので、歯ごたえを残す程度にとどめる。③最後にかつお節をお好みの分量混ぜ合わせればできあがり。この料理を作るために秋から地かぶを塩漬けにしておきます。甘酢漬けのかぶを使った炒り物とはひと味違ったおいしさがあります。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山ワサビのふすべ
山ワサビ①山ワサビを採取しきれいに洗う。②根から花まですべて食べられるので細かく刻み、山ワサビがひたる程度の熱湯を鍋に沸かし、さっとくぐす。(あまり長時間入れて煮えてしまわないように注意)③すぐに鍋ごと冷水で冷やす。(この時の冷やし加減でワサビ特有の辛味を引き出す。急速に冷やした方が辛味が出る。)④温かみがとれたら密閉容器に茹で汁ごと移し、冷蔵庫でさらに冷やすとなお良い。食べるときは、好みでしょうゆをかける。刺身に乗せて食べたり、納豆と混ぜて食べたり、そうめんのつけだれに入れたりと食べ方は自由です。鼻から抜けるいさぎよい辛味がたまりません。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


フキの炒り物
フキ/さつま揚げ/唐辛子/酒/みりん/醤油/油/水①茹でたフキの皮をむき食べやすい大きさに切り揃え水にさらしてアクをとる。②熱した油に唐辛子をいれ、さらにフキを入れて、全体に油がまわったら、みりんと酒を加えて、材料がかぶる位の水を加えてお好みの柔らかさに煮る。③仕上げにさつま揚げを入れ、醤油も加えて水気がなくなるまで炒ったら出来上がり。フキの季節にはよく食卓に並ぶ料理です。それ以外の季節では、塩漬けにしていたものを、塩出しして使います。唐辛子はお好みで加減して下さい。油に辛味を回したら、唐辛子を取ってしまってもいいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


フキの佃煮
フキ/酒/醤油/みりん/砂糖/白ごま①茹でたフキの皮をむき食べやすい大きさに切り揃え水にさらしてアクをとる。②酒、醤油、みりん、砂糖を加えトロ火にして、時々全体を混ぜながら汁気がほとんどなくなるまで、ゆっくり煮詰めます。③最後に白ごまを混ぜて出来上がり。保存食でもあるので、たくさん作っておかずやお茶受けにどうぞ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


フキの甘酢漬
フキ/酢/砂糖/ショウガ①茹でたフキの皮をむき食べやすい大きさに切り揃え水にさらしてアクをとる。②お好みの甘酢とショウガで漬け、味がなじんだら食べられる。フキの食べ方としては珍しい甘酢漬です。さっぱりした味とサクサクの歯ごたえがなかなかです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ミズきざみ
赤ミズ/酢/しょうゆ①赤ミズの根本に近い赤い部分を細かく刻む。②同量の酢としょうゆを混ぜた合わせ酢をかけて出来上がり。簡単にできる料理です。さっぱりして疲れた時などにも食が進みます。ミズの独特のぬめりも格別です。赤ミズとは、ウワバミソウのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ミズの漬物
ミズ/ショウガ/塩①ミズの皮を剥いて食べやすい大きさに切りサッとゆでる。②細かく切ったショウガと塩を適宜混ぜ合わせ軽く重石をして漬け込む。③一晩で味がなじんで美味しくなる。一晩おかなくても食べられます。ゆでる時はサッとゆでないときれいな色にならないし、食感も悪くなってしまいますので注意してください。ミズは赤ミズと青ミズがありますが、どちらも同様に調理できます。赤ミズはウワバミソウ、青ミズはヤマトキホコリのことです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


フキとイリコの炒り物
フキ/イリコ/酒/みりん/醤油/油/水①茹でたフキの皮をむき食べやすい大きさに切り揃え水にさらしてアクをとる。②熱した油にフキとイリコを入れて、全体に油がまわったら、みりんと酒を加え、材料がかぶる位の水を加えてお好みの柔らかさに煮る。③醤油で味を付け、水気がなくなるまで炒ったら出来上がり。イリコのかわりに小エビなどを入れても風味良く仕上がります。辛いのが好きな人は仕上げに唐辛子を入れも美味しいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


わらびの一本漬
ワラビ/重曹/みりん/醤油/唐辛子①重曹でワラビのアク抜きをして水にさらす。②食べる1時間位前に調味料を混ぜ合わせておく。あまり長い時間漬けこむと味と色が悪くなるので注意してください。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


からし菜の漬物炒り
からし菜漬(青菜漬)/打ち豆/しいたけ/調味料①からし菜漬を塩抜きする。②油と調味料で材料を合わせて炒り煮する。③水分がなくなるまで炒ったらできあがり。調味料は、水分がなくなることを考慮してあまりたくさん入れないこと。冬の間に漬けておいて余った漬け物を美味しく食べるための生活の知恵。打ち豆は香ばしくて美味しい。食感もよく、料理のアクセントになっている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


アイコのおひたし
アイコ/しょうが/塩①沸騰したなべに塩をいれ、てみじかにさっと色良くゆでる。②水にとって冷まし、食べやすい大きさに切って器に盛る。③おろししょうがをのせて出来上がり。食べる時は、醤油をさしてどうぞ。しょうがと塩で和え、30分も軽く重石をすれば、アイコの漬物になります。クセのすくない山菜なのでどんな料理にもよく合います。アイコとはミヤマイラクサのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


干しワラビと孟宗炒り
干しワラビ/孟宗筍/油揚げ/酒/みりん/醤油①青漬け(塩蔵)していたワラビが1年を過ぎると味が落ちるので、青漬けのまま天日で干して干しワラビにしておく。②干しワラビは干しぜんまいを戻す要領で戻し、食べやすい大きさに切る。③孟宗筍は米ぬかと唐辛子で煮てアク抜きの下処理をし、食べやすく切っておく。④鍋に材料をすべて入れ、調味料で味付けし、炒って出来上がり。お好みで、一味唐辛子を入れても美味しい。塩漬けにしたものを干しワラビにすることで独特のうまみが加わり、歯ざわりも生のものとはひと味違って楽しめる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬炒り
やたら漬けの残り(大根・白菜・勘次郎胡瓜の塩漬け・人参)/打ち豆/油/酒/みりん/醤油①大量に漬けたやたら漬けが残って少し酸味が入ったようなものを、水にさらして塩気を抜きます。②鍋に水と①を入れ、80℃位まで火にかけざるに取ります。③鍋に②と打ち豆、油と調味料をいれ、味がなじむまで炒る。②は沸騰させないように、その後炒る時も炒りすぎないに注意します。柔らかくなりすぎて食感が物足りなくなります。②は、水にさらしただけでは抜けない酸味を和らげる意味もあります。お好みで、最後にたっぷりの鰹節を入れてもおいしいです。食べ物を無駄にしない知恵から生まれたメニューです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


アイコの葉の味噌炒め
アイコの葉/かつお節(だし汁をとった後のかつお節でもよい)/味噌①一つまみ塩を加えた熱湯でアイコの葉を湯がき、水にさらしたあと絞って水気を切る。②①の葉をみじん切りにする。③かつお節を加えて包丁でたたくように混ぜる。④味噌を加えてさらにたたき混ぜる。普通は捨ててしまう葉を、小さくみじん切りにし、かつお節を加えることで美味しく食べられるようにしたメニュー。彩りもよく、ふりかけのようにごはんにかけて食べても美味しい。だしをとった後のかつお節を有効に活用すれば、これもまた、食べ物を無駄にしない、”もったいない”という気持ちが込められた究極のメニューです。アイコとは、ミヤマイラクサのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ウルイの酢の物
ウルイ/干しワカメ/砂糖/酢/だし汁①熱湯に塩を一つまみ加えてウルイを茹で、冷水にさらして水気を切り、好みの大きさに切る。②砂糖、酢、だし汁を混ぜておく。③ワカメをぬるま湯で戻し、水気をきる。④①のウルイに③のワカメを混ぜて、②の合わせ酢で和える。好みで、他の野菜や果物などを加えて和えてみるのも、彩りが良く、美味しく召し上がれます。ウルイとはオオバギボウシのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ホンナとシドケのおひたし
ホンナ/シドケ/塩①ホンナ、シドケをそれぞれ水できれいに洗う。②それぞれ、たっぷりの熱湯に塩を一つまみ加えて茹でる。③冷水にさらしてから水気を切り、食べやすい大きさに切る。②ホンナとはヨブスマソウのこと、シドケとはモミジガサのことで、どちらも特有のクセがおいしい山菜です。好みで生姜やわさびなどを添えてたべても美味しいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


木の芽のおひたし
木の芽/塩①木の芽のはかまをとって水できれいに洗う。②熱湯に塩を一つまみ入れて茹でる。③冷水にさらしてから水気を切り、食べやすい大きさに切る。木の芽はほんのり苦みがあります。水にさらす時間で苦みの調整はある程度できます。擦ったゴマやクルミをかけてたべても美味しく召し上がれます。木の芽とは一般的には山椒の新芽を言うようですが、この地域ではアケビの新芽を主にさします。芽吹いたばかりの新芽のほか、勢いよく伸びた蔓の先だけを摘んでも食べられます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


コゴミの胡麻和え
コゴミ/ゴマ/塩または味噌①コゴミをさっと湯がいて冷水にとり、食べやすい長さに切っておく②ゴマを擦って、砂糖と塩または味噌を加えて練る。③①のコゴミに②を加えて和える。コゴミとゴマの組み合わせはコクがあり、ゴマの風味も生きていて、とても香ばしいです。好みでゴマの量を調整したり、練りゴマやゴマ油を加えても美味しく召し上がれます。コゴミは、青コゴミや一夜コゴミともいわれ、正式にはクサソテツという名前です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


コゴミのおひたし
コゴミ/塩①コゴミをきれいに水で洗う。②熱湯に塩を一つまみ入れて湯がく。③冷水にさらしてから水気を切り、好みでかつお節や生姜などを添える。食べるときは醤油をかけて食べるのが一般的だが、麺つゆをかけて食べても美味しいです。コゴミは、青コゴミや一夜コゴミともいわれ、正式にはクサソテツという名前です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山菜汁
細竹/ワラビ/ウルイ/シドケ/アイコ/ホンナ/コゴミ/塩クジラ/だし汁/塩①だし汁を火にかけ、煮立ってきたら、皮を剥いた細竹を入れて煮る。②塩クジラの塩を洗い流し、①に加えて煮る。③細竹が柔らかくなったら、食べやすい長さや大きさに切った山菜を②に加えて煮る。④塩で味を調える。鍋に入れる山菜の種類や量、調味料は好みで変て、オリジナルの山菜汁を楽しめます。だし汁を使用しないで塩クジラを多めに使用すると、塩クジラの味が濃厚な透明感のあるスープになります。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山菜の天ぷら
ウドの葉、茎/アイコの葉/シドケの葉/ホンナの葉/コゴミ/ワラビの頭/天ぷら粉①それぞれ山菜の葉をとり、洗って水気を切る。②①に天ぷら粉をまぶす。③水で溶いた天ぷら粉に②をまぶして、180度に熱した油で揚げる。山菜の葉は捨てられることが多いが、天ぷらにすると香ばしく、美味しく食べることができます。もちろん、山菜の茎の部分も天ぷらにして美味しく召し上がれます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ササダケご飯
うるち米/細竹/人参/油揚げ/醤油/だし汁/酒/みりん/油①人参をささがきにし、油揚げは薄切り、細竹は薄く斜め切りにしておく。②鍋に油をしき、人参、油揚げ、細竹を加えて炒める。③②に醤油、酒、みりん、だし汁を加えて煮る。④炊飯する米に③の煮汁と水を加えて分量の水量とし、炊飯する。⑤炊きあがりのご飯に具をのせて15分くらい蒸らす。⑥ご飯とご飯の具をヘラで混ぜ合わせる。具を炒めた時に出る煮汁を混ぜてご飯を炊くことで美味しい炊き込みご飯になります。もち米で作ると、モチモチして美味しく出来上がります。細竹のことをササダケといいます。ネマガリダケや月山タケノコの仲間です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


シオデのおひたし
シオデ/塩①シオデを水できれいに洗う。②熱湯に塩を一つまみ入れて湯がく。③冷水にさらしてから水気を切り、食べやすい大きさに切る。シオデは山菜の女王と呼ばれるほどに美味しく、アスパラガスのような味で、くせや苦みがありません。何で和えても美味しく召し上がれます。シオデのことを地元では「しゅんでこ」などと呼びます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ウドのどんころ煮
ウド/身欠きにしん/生しいたけ/ふき/凍み大根/だし汁/醤油/酒/みりん①ウドの根元の方の太い部分を使う。切って洗って皮をむく。②切ったウドを塩水にさらしてアク抜きしておく。③フキの葉をとって、まな板の上で塩でもみこむ。④フキを熱湯で湯がく。根の方が固いので、根の方からお湯に入れていく。⑤茹であがったら、水にさらしてから皮をむく。⑥凍み大根をぬるま湯に漬けて戻し、さっと水気を切っておく。⑦鍋に、だし汁、醤油、酒、みりんを加えて混ぜる。⑧⑦の鍋にニシンと戻した凍み大根としいたけを加えて火にかける。⑨ニシンに味が染みたら、ウドを加えて煮込む。⑩食べやすい長さに切ったフキを加えて、味が染みるまで煮込む。「どんころ」とは、ウドが丸太(どんころ)に似ていることから呼ばれるようになったと言われています。ウドのむいた皮もきんぴらにして食べると美味しいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ウドのおかか炒り
ウドの先の方/かつお節/白ごま/醤油/だし汁/油①ウドを斜め切りし、塩水にさらしてアク抜きする。②アクが強いので、さらに熱湯でゆでこぼし、冷水にさらす。③鍋に油をしき、だし汁、醤油、ウドを加えて味が染みるまで煮る。④かつお節を加えて煮詰める。⑤好みでゴマ、唐辛子などを加える。柔らかいウドの根元に近い方を他の料理に使用し、余った先の部分を美味く調理したものです。かつお節は、だしを取ったあとのものを有効に使っても美味しく食べられます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ウルイの炒り物
ウルイ/人参/切り出し昆布/醤油/油/だし汁/酒①人参を短冊切りにする。②ウルイは湯がい食べやすい大きさに切る。③鍋に油を敷いて人参を炒める。④人参がしんなりしてきたら、ウルイを加えて炒める。⑤だしをとったあとの昆布を千切りにし、④に加えて炒める。⑥だし汁、酒、醤油を加えて、人参が柔らかくなるまで炒める。だしをとった後の昆布を有効に活用できる料理です。さつま揚げやちくわなど、好みで具を加えると様々な味が楽しめます。ウルイの色があまり悪くならないうちに火を止めると見た目良く仕上がります。ウルイはオオバギボウシのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


草餅
餅米/小豆/砂糖/ヨモギ/塩①餅米を研いで一晩水につけておく。②餅米を水から引きあげ、水気を切る。③蒸し器で餅米を蒸す。④蒸し上がったら臼と杵で餅を搗く。⑤摘んで洗ったヨモギを、重曹少々入れた熱湯で湯がく。⑥しんなりする程度に茹でたら、冷水にさらし、引き上げて水気を切る。⑦ヨモギをすり鉢でする。⑧搗いた餅にヨモギを加えて、さらに搗く。⑨手に片栗粉をまぶし、熱いうちに餅をとって、餡玉をくるみ、丸めておく。茹でたヨモギをすり鉢ですることで、餅に混ざりやすくなり、またきれいに混ざる。ヨモギは若いうちに摘むとよい。5月上旬から中旬くらいが採り頃。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


栗蒸しようかん
小豆/栗/砂糖/小麦粉/塩①。茹。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど








初夏のわらび漬
ワラビ/人参/重曹/鷹の爪/麺つゆ①重曹でワラビのアク抜きをして水にさらす。②人参を千切りにする③麺つゆをワラビがひたひたになるようにかけて、人参の千切りと鷹の爪をのせて漬け込む。好みでラー油等をかけると、おつまみとして楽しめる。麺つゆのかわりに、醤油、みりん、酒を混ぜてふりかけても美味しく仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


わらびのおひたし
ワラビ/生姜/重曹①重曹でワラビのアク抜きをして水にさらす。②食べやすい長さに切りそろえ、ショウガなどの薬味をそえる。ワラビのおひたしにつけるタレは、家庭やそれぞれの好みによって様々。生姜をのせて醤油でいただいたり、わさび醤油、からし醤油、酢醤油やポン酢のほか、マヨネーズや味噌マヨネーズをつけて食べる人もいる。ワラビがくせのない食材なので、好みの味付けで楽しみながら食べることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


初夏のわらびたたき
ワラビ/味噌/山椒/重曹①重曹でワラビのアク抜きをして水にさらす。②まな板にワラビをそろえて乗せ、包丁の背でたたく。③木べらに味噌をつけ、ガスコンロ等の火であぶり、焦げ目をつける。④焼き味噌をワラビに加えてさらにたたく。⑤好みで山椒を加えてさらにたたく。山椒の葉をのせて出来上がり。ミキサーやフードプロセッサーで簡単に作ることもできるが、一番おいしいのは、包丁の背で叩いたもの。程よくワラビの繊維がほどけ、食感がよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


わらびたたきそば
ワラビ/そば/重曹/ネギ/麺つゆ①アク抜きしたワラビを包丁でたたく。②そばを茹でて、麺つゆ等で好みの味付けをする。③ワラビたたきをのせ、ネギや七味などの薬味をのせる。とろろそばは一般的だが、ワラビたたきをのせても、一風変わったのどごしの良いトロトロそばとして食べることができる。見た目もあざやかな緑で美しく、低カロリーなのでダイエッターにおすすめ。ワラビたたきは冷凍保存もできるので、保存しておけばいつでも手軽に美味しいわらびたたきそばを食べることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


わらびと季節野菜浅漬
ワラビ/キャベツ/人参/塩漬けしたシソの実/鷹の爪/塩/重曹①重曹でアクぬきしたワラビを食べやすい長さに切る。②キャベツをざく切りにする。③人参を千切りにする。④塩漬けしたシソの実の塩をさっと洗う。⑤キャベツと人参を合わせて軽く塩もみし、他の材料をすべて合わせて塩をふり漬けておく。あっさりと浅漬けにして食べるとサラダ感覚で食感を楽しめる。彩りがいいのでおもてなし料理にもできるが、漬け込み過ぎると彩りが悪くなるので注意する。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずきざみの酢の物
赤ミズ/ミョウガ/ショウガ/大葉/鷹の爪/酢/しょうゆ①ミズの葉を取りながら皮をむく。②ミョウガ、ショウガ、大葉をみじん切りにする。③鷹の爪をきざむ。④同量の酢と醤油を混ぜておく。⑤すべての材料を混ぜ合わせて出来上がり。気温が高くなり、食欲のない時期でも、程良い酸味とぬめりがあって食べやすい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずの生姜漬け
ミズ/ショウガ/塩①ミズの皮をむき、熱湯でさっと湯がく。②ショウガを千切りにする。③ミズとショウガの千切りを合わせて、塩をふってもむ。④程よくしんなりして味がなじんだら出来上がり。ショウガの辛味と塩だけで味付けしたとてもシンプルな漬物。ミズのシャキシャキとした食感を楽しむことができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずの酢の物
ミズ/ワカメ/酢/醤油/砂糖①ミズの皮をむき、熱湯でさっと湯がく。②ワカメを水で戻しておく。③ミズとワカメを合わせ、酢と醤油と砂糖を合わせた三杯酢で和える。山のものと海のものを合わせ、さっぱりと三杯酢で味付けした料理。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずの炒り物
ミズ/ブナカノカ/しらたき/醤油/酒/みりん/油/七味唐辛子①ミズの皮をむきながら指で食べやすい長さにもぐ。②しらたきを熱湯でゆがき、水気を切る。③鍋に油をしき、少量の水を加え、しらたき、ブナカノカを入れて火にかける。④醤油、酒、みりんを加えて火が通るまで煮る。⑤七味唐辛子をふり、味を整えて出来上がり。ブナカノカは瓶詰め等にして保存しておくとよい。また、旬のキノコ類と一緒に煮込んでも美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


初夏のみずたたき
赤みず/味噌/みょうが①赤みずの根本を、細かく、トロトロになるまえ包丁でたたく。②味噌を混ぜて和える。③好みでみょうがを加えて叩いたり、乗せたりする。赤みずの根の色が鮮やかに出る料理。トロトロでのど越しもよく、食欲がない時におすすめ。ご飯にのせて食べても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずたたき奴
赤みず/豆腐/味噌/大葉/みょうが/鷹の爪①冷奴にみずたたきをのせる。大葉を敷くと風味も見た目も良い。②好みできざみミョウガや、ネギ、鷹の爪などをのせる。冷たい冷奴にみずたたきをのせて食べると、ほどよいトロミがあって非常に美味しい。お通しとしても喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みずきざみ奴
みず/豆腐/大葉/酢/醤油①大葉をしいた冷奴にみずきざみを乗せる。②好みで薬味をのせ、醤油やたれをかけて出来上がり。みずたたき奴と並べると、2色の冷奴がならび見た目にも楽しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


干しわらび打ち豆炒り
干しワラビ/干しシイタケ/打ち豆/醤油/みりん/酒①干しワラビと干しシイタケを戻しておく。②ワラビとシイタケを食べやすい大きさに切る。③鍋に油をしき、ワラビ、戻したシイタケ、打ち豆を入れ、醤油、みりん、酒を加えて火にかける。戻し汁を少量加えて煮含める。④水気がなくなったら出来上がり。ワラビを塩蔵したものを干して保存食にしたものを加工した料理。干しワラビも打ち豆も、昔から伝えられてきた貴重な保存食で、先人の食の知恵が受け継がれている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


秋田ふきの鰊詰
秋田フキ/鰊/醤油/砂糖①半生の鰊を熱湯でさっと湯がいて、アクを取る。②鰊をフキに詰める。③鍋に、鰊を詰めたフキ、醤油、砂糖、水を少々入れて、味がしみるまで煮る。④食べやすくカットして出来上がり。太い秋田フキに鰊を詰めこんだ見た目にも楽しい料理。酒の肴にもぴったり。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ふきと打ち豆炒り
フキ/打ち豆/さつま揚げ/醤油/酒/みりん/油/鷹の爪①フキを熱湯で湯がいて皮をむき、冷水にさらす。②フキを食べやすい長さにカットする。③さつま揚げを細切りにする③鍋に油をしき、フキ、さつま揚げ、打ち豆を加えて、醤油、酒、みりんを加え、ひたひたになるくらいの水を加えて煮含める。④汁気がなくなったら出来上がり。フキの独特の食感に、打ち豆の食感が加わり、煮汁の味がたっぷりしみ込んで噛むほどに美味しい。ご飯のおかずにすると、甘辛さが食欲を増進し、ご飯がすすむ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


もんぎりみず汁
ミズ/ジャガイモ/厚揚げ/細竹/塩くじら/味噌①ジャガイモの皮をむき、一口大にカットする。②厚揚げも一口大にカットする。③細竹を斜め切りする。小ぶりであれば、そのままでもよい。④鍋にジャガイモが浸るくらいの水を入れて煮る。⑤厚揚げ、細竹を加えてさらに煮る。⑥塩クジラの塩をさっと洗い流す。⑦ジャガイモがまだ固いうちに味噌と塩クジラを加えてジャガイモが柔らかくなるまで煮る。⑧ミズの葉を取り、手でねじりながらもぎ、さっと湯がいて水気を切る。⑨鍋にもぎりミズを加え、味が染みるまで煮て出来上がり。塩クジラ独特の風味と手でもいだミズの食感が絶妙な組み合わせ。塩クジラが苦手な人は豚肉を使って料理しても美味しく食べられる。ミズは、手でもぎることにより、味が染み込みやすい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


朴の葉飯
粳米/朴葉/きな粉/黒砂糖/わら①粳米を研いで炊く。②きな粉と砕いた黒砂糖を合わせておく。③朴葉を洗って水気をふく。④2枚の朴葉を裏返して十字に敷き、茶碗に盛ったご飯をひっくり返して乗せる。⑤②の合わせたきな粉と黒砂糖をたっぷり振りかける。⑥ご飯が熱いうちに朴葉で包み込み、ワラで結ぶ。昔は、田植えのごちそうやおやつとして食べた。ご飯が熱いうちに朴葉で包むため、香りが移って独特の風味がある。また、きな粉と黒砂糖が程良く蒸らされてご飯にしみ込む。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


笹巻き
餅米/笹葉/きな粉/砂糖/みげ①餅米を研いで一晩水につけておく。②みげを水につけて柔らかくしておく。③餅米を水から引きあげ、水気を切る。④洗った笹の葉の先端をハサミでカットし、二枚重ねて三角の筒を作り、餅米を入れる。⑤ふたをするように折りながら、みげを使って結び、笹の葉に餅米を閉じ込める。⑥包んだ笹巻きを3個セットにしてみげを合わせてねじり、結ぶ。⑦鍋にたっぷりのお湯を沸かし、ゆっくり笹巻きを入れて、1時間半ほど茹でる。⑧茹で上ったらザル等に広げて冷ます。⑨きな粉、砂糖、塩を混ぜて笹巻きに付けて食べる。作る人によって、茹でる時間が異なる。長く茹でるほど米の形がなくなり、粘りの強い餅に近づく。しっかり巻いて、鍋に入れた際、崩れないようにする。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


笹巻き
もち米1升/笹の葉100枚/塩少々/みげもち米はといですぐにざるにあげ、水を切る。笹の葉2枚を合わせて三角状にしてもち米をつめて、「みげ」という草の乾かしたものでしっかりと結ぶ。塩を入れた水で1時間位煮て、ザルなどに入れ、水を切る。旧のこどもの日(端午の節句)に作って神様に供え、子どもの成長を願っています。学校から帰ってからの子どものおやつにしていました。今では都会の人達へのお土産に持たせています。小さい時のことを笹まきを見て思い出してください。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


しなびきゅうり
きゅうりの置き漬け/人参/しょうが/調味料
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


桜葉の塩漬け
桜の葉100枚/塩/白梅酢①桜の葉を摘んで水洗いし、大きさをそろえて10枚ずつ重ねる②樽に塩と桜の葉を交互に重ねていく③全体に白梅酢を振りかける④押し蓋をして重石をのせ、一ヵ月ほど漬け込む冷凍しておくと長くもつ。桜餅などに風味づけとして使用したり、料理のつまとしてしようすることができる
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


梅干し
梅/塩/赤シソの葉①青梅を一晩水に漬けてアク抜きをする②水気をふいてから焼酎をからめ、塩で漬け込む③土用の頃三日三晩ほど干す④乾いたら赤シソで漬ける食卓に欠かせない保存食
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カリカリ梅
青梅1㎏/氷砂糖1袋/酢少々/焼酎少々①青梅を塩で2日ほど漬け、種を取って水で軽く洗う。②瓶を焼酎で消毒する。③瓶に①の水を切ったものを入れ、氷砂糖・酢を加える。④③をよく混ぜ合わせたら焼酎少々をふりかけ、重石を軽く置き冷蔵庫に保存し、2週間ほどで完成。保存食として1年間は大丈夫 。赤い色は赤シソでつけます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうりのからし漬
きゅうり/砂糖/粉からし/塩①きゅうりは塩少々かけて板ずりしておく。②塩と砂糖とからしを混ぜておく。③板ずりしたきゅうりは水洗いする。④胡瓜に②をまぶしながら漬けこみ、密閉容器に入れて冷蔵庫にいれる。一晩たったら食べられる。きゅうりを板ずりするのば、余分な水分を抜くためです。甘いのが苦手な人は、砂糖を控えるといいと思います。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


勘次郎胡瓜のからし漬
勘次郎きゅうり/砂糖/塩/粉からし①勘次郎きゅうりを洗う。②砂糖、塩、粉からしを混ぜ込み、一晩漬ける。③漬けている間、材料が混ざるように、2~3回ひっくり返す。ビニール袋等を利用して簡単に作ることができる。彩りも黄色や黄緑でとても鮮やかなので、もてなしの一品にできる。普通の青きゅうりよりは柔らかく、味が染みやすいので、塩や砂糖、粉からしなどの調味料は控えめにするとよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうりのビール漬
キュウリ/ビール/塩/砂糖①キュウリを洗う。②材料をすべて混ぜて一晩漬け込む。③食べる時に食べやすい長さにカットする。 飲んでも美味しいビールだが、漬物に加えると、食べた時にフワッとビールの風味が感じられて美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうりの蛇腹漬
キュウリ/ミニトマト/ピーマン/醤油①味が染み込みやすいように、キュウリに薄く斜めに包丁をたくさん入れ、蛇腹切りにする。②ミニトマトは半分にカットする。③ピーマンは細切りにする。④ビニール袋等に材料をすべて入れ、時々ひっくり返しながら一晩漬け込む。 キュウリにトマトの酸味が加わり、サラダ感覚で食べやすい。蛇腹切りの模様が美しく映える。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


勘次郎胡瓜とにら穂の浅漬
勘次郎キュウリ/ニラ/切り昆布/塩①ニラを5㎝位にカットし、塩を少々加えた熱湯にさっとくぐして、水気を切る。②氷水で急冷し、水気を切る。③キュウリを斜め切りし、ニラ、昆布、塩を加えて2時間ほど漬け込んでおく。 ニラのシャキシャキした食感と風味が加わり、ご飯のおかずとして食べてもよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうり南蛮
キュウリ/醤油/酢/ゴマ油/鷹の爪①キュウリ1本を3等分に切り、さらに縦半分に切る。②フライパンにごま油、鷹の爪をいれてキュウリをさっと炒める。③醤油、酢、ゴマ油、鷹の爪を加えて混ぜ、②のキュウリを加える。④すぐ食べられるが、30分~1時間置いて粗熱が取れるとなお美味しい。キュウリは炒めすぎないことがポイント。さっと炒めることで、キュウリのシャキシャキ感が残って美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうりの置漬
キュウリ/塩蔵シソの実/ミョウガ/鷹の爪/塩①キュウリを洗って塩をふり板ずりする。②樽などの漬け容器にキュウリを入れて塩蔵シソの実、ミョウガを加えてもむ。③塩梅をみながら塩を加えて漬け込む。漬けかえしを行うと、長期にわたって保存のできる置き漬になる。漬け時間が長くなるにつれて、色も変わり、食感や味わいの違う漬物になる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きゅうりとミズの浅漬
キュウリ/ミズ/塩①キュウリを洗って塩を振って板ずりし、斜め切りする。②ミズは洗って皮をむき、食べやすい長さにカットして塩を加えた熱湯でさっと湯がく。③キュウリとミズを混ぜて、塩を加え、一晩漬け込む。キュウリとミズのシャキシャキした食感が夏らしい。好みでパプリカやシソの実を加えると、彩りもよく、美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


キュウリとミズの浅漬
キュウリ/ミズ/人参/塩①材料をすべて混ぜ合わせ、漬けこめば出来上がりです。塩分の調整などは、お好みでぞうぞ。ミズはやわらかければ皮を剥かなくてもいいです。さっとゆでるとつかりやすいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ササギの揚げ和え
ササギ/人参/しょうが/油/醤油①ササギ(サヤインゲン)を素揚げにする。②刻んだ人参、すった生姜、醤油と①を和えて出来上がり。夏のもてなし料理にも重宝します。生姜の風味が、素揚げのササギとよく合うので、どんどん箸がすすみます。人参は細かく切って生で和えますが、ササギと同じくらいに切って一緒に素揚げしてから和えてもおいしいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


冷汁
キュウリ/ミョウガ/青シソの葉/味噌/だし汁(昆布とにぼし)①昆布と煮干しでだし汁を取っておく。②キュウリを薄く輪切りにする。③ミョウガを薄く輪切りにする。④鍋にダシ汁をいれ、味噌をとく。⑤刻んだキュウリとミョウガを入れて、氷を加える。味噌汁は熱い食べ物だが、夏の暑い時期に食欲がなく、冷たいものが欲しくなったときに、体を冷やす食べ物として食されるようになった。また、暑い夏の法事等において、精進料理に加えられることもある。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


一夜漬
【キュウリ漬】キュウリ/塩/塩蔵シソの実/ミョウガ/鷹の爪/水【ナス漬】ナス/塩/砂糖/みょうばん【大根漬】大根/塩/鷹の爪【キュウリ漬】①キュウリを洗い、端を切り落として全体に塩をまぶす。②コガや樽にキュウリを並べ、シソの実を加えてミョウガを丸ごと加える。③適量の鷹の爪を加えて混ぜる。④呼び水を上からまぶしかけて、重石をする。⑤一晩漬け込むと食べごろになる。【ナス漬】①ナスを洗って、コガや樽など漬け容器に入れ、ミョウバン、塩、呼び水を少々加えて、揉みながら混ぜる。水にナスの色がつくくらいまで揉むとよい。②砂糖を少々加え、呼び水をさらに加えて重石をする。③一晩漬けて出来上がり。【大根漬】①大根の皮をむき、縦半分に切って塩をふり、鷹の爪を加えて押しをかけておく。どちらも、夏の風物詩。ご飯のおかずでも、お茶うけでも喜ばれる。ピーマンや青唐辛子を加えて漬けこんだり、南蛮やパプリカなどを加えて漬けこんだりと、地域や家庭、人によって漬け方に様々な工夫がされている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なす漬
ナス/塩/砂糖/みょうばん/ピーマン①ナスを洗って、樽など漬け容器に入れ、ミョウバン、塩、種をとって刻んだピーマン、呼び水を少々加えて、揉みながら混ぜる。ナスの色がつくくらいまで揉むとよい。②砂糖を少々加え、呼び水をさらに加えて重石をする。③一晩漬けて出来上がり。 ピーマンのかわりに、青唐辛子やシソの葉、茗荷、赤唐辛子などを入れても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ナス漬け
ナス/塩/ミョウバン/みょうが/青唐辛子①ナスを洗って、樽など漬け容器に入れ、ミョウバン、塩、刻んだみょうが、青唐辛子、呼び水を少々加えて、揉みながら混ぜる。ナスの色がつくくらいまで揉むとよい。②砂糖を少々加え、呼び水をさらに加えて重石をする。③一晩漬けて出来上がり。 青唐辛子を加えたナス漬けはピリッと辛くてご飯が進む。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


どじょうたたき
どじょう1カップ/青豆1/2カップ(1日水に漬けふやかしたもの)/ショウガ 適量/長ネギ 適量/みそ大さじ23(下味なのでお好みで)/小麦粉 大さじ2 卵 1個 /白煎りゴマ 大さじ2(もっと多くても可)/醤油 適量(下味で足りないときは醤油をかける)①数日水に放し泥を吐かせる(水は朝晩換える)②鍋に日本酒と一緒にどじょうを入れてふたをして火にかける。③ふやかした豆と一緒にまんべんなくたたく③臭み消しに、ネギとショウガのみじん切りを加えて叩く。④味噌を加えてさらに叩き、つなぎの小麦粉を加える。⑤卵と酢を加えて箸で混ぜ、白炒りゴマを混ぜてスプーンですくい、油で揚げる。8月上旬が旬
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


塩クジラのミズ汁
ミズ/塩クジラ/玉ねぎ/じゃがいも/味噌①ミズに味がしみやすいように包丁ではなく手でねじってもぎる。②他の材料とともに煮てじゃがいもが煮えた頃に味噌を加えて味をととのえれば出来上がり。塩クジラが本来だが、最近では高級品になってしまったので、豚のバラ肉で代用することが多くなりました。どちらもおいしいですが、昔の味を知る人は断然塩クジラの方を美味しいといいます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根の桜漬
大根/塩漬桜花/酢/塩/砂糖①大根の皮をむき、短冊形に切る。②大根を塩水に漬ける。③塩蔵の桜花の塩をさっと洗い流し、塩漬けした大根と合せる。④さらに酢と砂糖を少量加えて漬ける。春に摘んで塩蔵処理していた桜の花を加えることで、桜の香りが移り、上品な香りと味の漬物になる。白い大根にピンクの桜の花が映え、彩も美しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


梅漬
梅/塩/赤シソ葉①青梅を一晩水に漬けてアク抜きする。②ヘタを取って水気を切り、漬け容器に梅を入れて塩をまぶし、2~3日漬ける。③白梅酢が上がってきたら、赤シソを洗って白梅酢を加えてもみ、発色したら梅に加えて漬ける。白梅酢のかわりに、酢でも代用できる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


梅の砂糖漬
梅/砂糖①黄色い熟した梅の実のヘタをとり、一晩水に漬けておく。②ザルにあげて水気をきり、フキンなどで拭いてしっかり水気を取る。③梅の実に砂糖をまぶしてナイロン袋等に入れる。④なるべく真空状態にし、梅の汁が出てくるまで待つ。⑤天気のいい日に、ナイロン袋のまま天日に当てて、うまみを熟成させる。⑥一週間くらいで食べられるようになる。甘酸っぱくて実も柔らかく、デザートとして美味しく食べられる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど

梅の蜂蜜漬
梅/蜂蜜/酢①完熟した梅を蜂蜜と酢で漬ける。暑い夏、冷たく冷やしたソーダ水にこれを入れて飲むと疲れがとれます。これだけを冷たく冷やして食べても上品な菓子のようでとても美味しいです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


青梅カリカリ漬
青梅/塩/氷砂糖/酢少々/焼酎少々①青梅を2日ほど塩漬けし、種を取って水で軽く洗う。②水気を取った①に同量の氷砂糖と酢少々を加える。③重石をして冷蔵庫に保存し、2週間ほどで完成。お茶菓子に出して喜ばれています。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


インゲンの生姜和え
サヤインゲン/生姜/しょうゆ①お浸し用に茹でたサヤインゲンに生姜じょうゆを和えたら出来上がり。簡単おかずですが、とってもおいしいです。インゲンの収穫期には、毎日がインゲン料理ですが、この他には、油炒めや揚げ和え、味噌汁の具などがあります。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


胡瓜とミズのシソの実漬
きゅうり/ミズ/塩漬けのシソの実①生の胡瓜を大きめに切る。②ミズは皮をむき一口大にしておく。③塩漬けにしていたシソの実と混ぜて軽く重石をし、味が全体になじんだら出来上がり。簡単料理だが、これはシソの実の塩漬けがないとできません。シソの実の塩漬けは、やたら漬けなど他の漬物でも活躍する食材です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


かじかの甘露煮
かじか/油/砂糖/醤油①かじかを串に差し炭火で焼きます。②焼いたものを油でカラリと揚げます。③揚げたものを砂糖と醤油を煮溶かしたもので甘露煮にする。手間もかかるうえ、最近は珍しい食材となったカジカを使うという事で、滅多にお目にかかれないメニューです。カジカはきれいな水にしか住まないと言われていることから、真室川の水質の良さを証明する料理です。骨まで全部食べられます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


鮎の糀漬
鮎8~10匹/塩100g/人参/生姜/青じそ/ごはん茶碗1杯/糀100g①鮎は塩をふって寝かせ、水分をとっておく。②人参、生姜も軽く塩をして一晩おく。③ごはんと糀と塩少々を混ぜる。④密閉容器に③の半分を敷き①を並べ、その上に②と青じそを並べ、また③の半分をかけて、軽く重石をし、1週間ぐらい冷蔵庫で寝かせれば出来上がり。手間のかかる高級なひと品です。鮎がたくさん手に入ったら挑戦してみてください。。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ゆうがお炒り
ゆうがお/しょうゆ/みりん/油/青じそ/①皮を剥いて一口大に切ったゆうがおを油でいためる。②調味料を加えお好みの味にする。③刻んだ青じそを混ぜて火を止める。ゆうがお自体がクセのない食材なのでいろんな味付けが楽しめます。ふんわりと柔らかく優しい食感がやみつきになる夏の一品です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


しそ巻き
米粉(もち粉でもよし)/小麦粉/味噌/砂糖/白ごま/酒/青じそ/揚げ油①小麦粉、味噌、砂糖を同量で混ぜ合わせ、ごまをお好みで加える。②耳たぶぐらいの柔らかさになるように酒を加えて調節する。③冷蔵庫で数時間寝かせてから薄くのばし、包丁で適当な大きさに切ったものを青じそで巻いて低温の油でじっくり揚げれば出来上がります。油の温度は140度から160度ぐらいがいいと思います。作り置きができるのでたくさん作って、冷凍したり、冷蔵庫に入れて保管したり、冷凍で保管して年中利用できます。おかずにもおつまみにも重宝します。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ダシ
なす/きゅうり/オクラ/みょうが/人参/青じそ/昆布/鰹節/しょうゆ①すべての材料を細かくみじん切りにする。②鰹節としょうゆを混ぜ合わせて①とよく混ぜ合わせればできあがり。暑い季節には新鮮な夏野菜で簡単に作れて便利です。冷たくして食べるとさらにおいしく、ご飯にかけたり、冷奴にのせたりして食べます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


すずかけまま
冷やご飯/味噌漬/水①冷やご飯を水で洗い、ざるにあげる。②茶碗にご飯を盛り、味噌漬など、好みの漬物を添える。③氷水をかけていただく。冷蔵庫のなかった時代、暑い夏には、残りご飯が傷みやすかった。悪くなる直前にご飯を水で洗うことで、ご飯が奇麗になり、また、表面のネバネバしたデンプンが流れ落ちてサラサラになり、食欲のない日でも食べすいのど越しのよいご飯になる。トッピングの漬物は、ナス漬けやキュウリ漬けなど、好みの漬物でよい。おススメは何と言っても味噌漬けで、味噌漬けも種類がたくさんある。「すず」とは、「清水」の方言で、かつては冷たい湧水などをかけて食べたという。「まま」はご飯のこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


鮎田楽
鮎/味噌/砂糖/みりん①鮎の右目から、体がうねるように尾の方まで竹串を刺す。②いろりのそばに串を刺して、炭火でじっくり焼く。時々焼き面を返しながら、両面に薄く焼き色がつくころまで焼く。③味噌、砂糖、みりんを混ぜて小さい鍋などに入れ、時々味見をしながら、好みのたれに練り上げる。④竹串をはずして皿に鮎を乗せ、はけなどで甘味噌を塗って出来上がり。鮎に塗る甘味噌は、酒を加えて練り上げても美味。この季節の一番のごちそうとも言え、もてなし料理に用いられる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


鳶茸炒り
鳶茸/ナス/シソの葉/砂糖/みりん/醤油/油①採ってきたトビダケの石づきをはずし、房を小分けにしてさっと湯がく。②ざるにあげて水気を切り、更に細かく裂く。③フライパンに油を敷き、トビダケを入れて炒める。④砂糖、醤油、みりんを加えてさらに炒める。⑤ナスの皮をむき、乱切りにしたものを加えて炒める。⑥シソの葉を細かく刻み、加えてさらに炒める。⑦火をとめて、好みで七味唐辛子を加えて出来上がり。夏に収穫のできる非常に貴重なきのこ。 味付けの際、醤油のかわりに辛味噌を使用しても美味しく仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


トビダケ炒り
トビダケ/インゲン/とうがらし/しょうゆ/酒/砂糖/油①トビタケの石づきをとりサッと洗う。②熱湯に塩を入れトビタケを茹で、水気を切り食べやすい大きさに切る。③油で②とインゲン、とうがらし、調味料を合わせて炒める。トビダケは、トンビマイタケのことです。お盆の頃に収穫できるキノコで、ブナの木などに出ているそうです。なかなか高級なキノコで、この料理は、ご馳走のひとつです。一般的にはナスも一緒に炒め、青じその風味を加えます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


さくらんぼ漬け 
さくらんぼ/塩①水洗いしたさくらんぼを漬物樽に塩と交互に並べていく。②まんべんなく塩を振る。③押し蓋をして重石を乗せ、一ヵ月ほど漬け込む。さくらんぼは甘味の少ない酸っぱいものがよい。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


フキの梅酢漬
フキ/酢/砂糖/梅漬の葉/梅漬の汁①フキを湯がいて冷水にさらし、皮をむく。②一晩水につけて、アクを抜く。③適当な長さにカットする。(5㎝位がよい)④ビニール袋等にフキを入れ、砂糖、酢、梅漬の葉、汁を加えて漬け込む。梅漬の葉の塩加減に応じて、塩を加えるとよい。⑤2~3日漬け込んで出来上がり。甘酸っぱくて、お通しとしても良く、彩りもきれいなのでもてなしの一品としても喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


キャベツの梅酢漬
キャベツ/梅漬の葉/梅漬けの汁/砂糖①キャベツを洗って水気を切りざく切りにする。②梅漬けの汁と葉を加える。③砂糖大さじ2杯くらい加える。(好みでよい)④一晩漬けると食べられる。梅漬用赤シソの色素がうつり、キャベツがきれいなピンク色になる。酸味のきいた浅漬けになり、サラダ感覚で食べることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根の梅酢漬
大根/梅漬の葉/塩①大根の皮をむいて、薄く半月切りにする。②塩を振って揉みこみ、塩を洗い流して水気を切る。③梅漬の葉を混ぜて一晩漬ける。大根がピンク色になり、見た目にも美くしい。梅漬けの味が染み込んで酸っぱくて美味しい。シャキシャキした食感で、サラダ感覚で食べられる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


にら餃子
ニラ/キャベツ/にんにく/豚挽き肉/卵/ゴマ油/醤油/塩/餃子の皮①にらとキャベツをみじん切りにし、軽く塩を振ってもみ、水気を切る。②卵、挽肉、にんにくのみじん切り、ゴマ油、醤油を加えて粘りが出てくるまで捏ねる。③餃子の皮に包んで皮のふちに水溶き片栗粉を塗り、折り込みながらしっかり閉じる。④フライパンに油を薄くしき、餃子を並べて火にかける。⑤すぐに熱湯を注いで、ふたをし、強火で蒸しながら水気がなくなるまで焼く。⑥片面が焼けたら、フライ返しでひっくり返し、もう片面も焼く。 両面焼くのは、好みでよい。町の特産品であるニラをたっぷり使用したヘルシーでスタミナ抜群のおかず。真室川町の自慢のニラで作った餃子は、他では味わえない美味しさ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


にらチヂミ
ニラ/薄力粉/卵/水【タレ】醤油/ゴマ油/酢/砂糖①ニラを2㎝位にカットし、薄力粉、卵、水を加えてトロッとするくらいに混ぜる。②フライパンに油を敷いて、生地をお玉ですくって焼く。 ③片面が焼けたら裏返してさらに焼く。④食べやすい大きさにカットして器に盛り付ける。⑤タレをかけて食べる。好みでタレにラー油を混ぜても美味しい。 短時間で作ることができるので、酒の肴や、来客時のおもてなしにもよい。更に、干しエビを加えてもおいしい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


にら丼
ニラ/ご飯/焼豚/卵黄/ゴマ油/刻みのり①ニラを刻んでゴマ油、醤油と混ぜておく。②焼豚を小さく切り刻む。③ご飯に刻んだ焼豚、ゴマを混ぜ込み、器に盛りつける。④漬けこんだニラを乗せ、さらに、刻みのりをのせて、中央に卵黄をのせて出来上がり。ニラに火を通さずに、ニラの風味を最大限に味わえる一品。火を通していないビビンバのように食べることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ねぎ炒め
ネギ/パプリカ/バター/塩コショウ①ネギを5㎝幅にカットする。②フライパンにバターをしいてネギを炒める。③パプリカを千切りにして加え、さらに火をかける。④塩コショウで味を調える。ネギは火を加えることで甘くなる。バターソテーにするとまろやかになり、ご飯のおかずとしても、パスタにあえても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ねぎのかき揚げ
ネギ/五目揚げ/干しエビ/天ぷら粉/塩/油①ネギを1㎝幅の輪切りにする。②干しエビと、細かくカットした五目揚げを加えて混ぜる。③水で溶いた天ぷら粉をつけて油で揚げる。ネギの生産者が一番美味しいネギの料理として推薦する一品。ネギは細かくしすぎず、コロコロサイズにすることで揚げたときに程良く火がとおり、甘味があって最も美味しくなるとのこと。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ねぎグラタン
ネギ/牛乳/パプリカ/薄力粉/塩コショウ/パセリ (好みで生クリーム)①ネギを5センチ幅くらいにカットする。②フライパンに油をしき、ネギをしいて表面に焼き色がつくまで焼く。③フライパンにバターを溶かし、小麦粉を振りいれて木ベラで2分ほど良く混ぜる。④牛乳を少しずつ加えて伸ばしていく。とろみがつくまで木ベラで混ぜながら、少し煮詰める。(濃厚なコクのある味を好む場合には、生クリームを少量加えるとよい)⑤塩コショウでホワイトソースの味を調える。⑥耐熱皿にネギを敷きつめて、その上にホワイトソースをかける。⑦粉チーズをふって、オーブンで表面に焼き色がつくまで焼く。焼いた後のネギの甘みが特徴的なグラタン。シャキシャキとした食感ものこり、いつものグラタンと一味違う。表面に焼き色をつけることで香ばしさも加えられた究極のグラタン。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ねぎとイカの酢味噌和え
ネギ(白い部分)/イカ/味噌/砂糖/酢/みりん①ネギの白い部分を3センチくらいにカットする。②イカのはらわたをはずして拍子切りにし、熱湯で湯がく。③味噌、砂糖、酢、みりんを混ぜ合わせて、ネギとイカと和える。さっぱりとした味でネギとイカの素材の味が引き立つ。酒の肴に喜ばれる一品。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


炒めねぎ味噌
ネギ/味噌/砂糖/みりん/油①ねぎを小口切りにして、油をひいたフライパンで炒める。②味噌、砂糖、みりん、水を混ぜ合わせる。③ねぎがしんなりして水分が抜けたら、②を加えて、とろっとしてくるまで火を通す。ごはんの上にのせて食べると香ばしくてごはんがすすむ。おにぎりの具にしても美味しい。好みで、ひき肉を加えて作っても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


生ねぎ味噌
ネギ/味噌①ネギをすり鉢に入れやすい長さに切る。②すり鉢にネギをいれてすりこぎですりつぶす。③みそを加えてさらにする。ごはんにのせて食べると美味しい。また、作り置きをしておくと、忙しい時にはお湯を注ぐだけで食べられる即席みそ汁として重宝できる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


おふかし
餅米/小豆/砂糖/塩①小豆に5~6倍の水を加えて固めに煮る。②小豆を煮汁と豆に分ける。③餅米を研いで、小豆の煮汁を加えたたっぷりの水に一晩漬けておく。④蒸し器に布を敷いて、餅米をしき、小豆をのせて強火で30分くらい蒸す。⑤大きなボールに④をあけてかきまぜ、振り水をしてさらに15~20分蒸し、加減をみて火を止める。⑥好みで、器に盛った赤飯にゴマ塩をふりかける。小豆の煮具合は、1粒噛んでみて、堅いけれど食べられる位が目安。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


盆の棒鱈
棒だら(乾)/砂糖/醤油/酒/みりん①棒だらを洗って、一晩水に漬けて戻す。②鍋に棒だらと戻し汁を入れて火にかけ、落とし蓋をして柔らかくなるまで弱火で煮込む。③火からおろし、冷めてから砂糖、醤油、酒、みりんを加えて再び火にかけ、30分ほど煮る。④火にかけておろし、冷ましてはまた火にかけるを何回か繰り返し、食べごろになったら出来上がり。棒だらは、昔は海のない内陸で貴重な食材だった。コトコトと時間をかけて煮込むことで、骨まで軟らかくなり余すことなく食べられる。手間はかかるが、味が染みて美味しくなる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


盆の昆布巻き鰊
身欠き鰊/昆布/酒/砂糖/醤油/みりん/酢/みげ①身欠き鰊を米のとぎ汁に一晩漬けて戻す②昆布を水に漬けて戻す。戻し汁はとっておく。③みげを水につけて柔らかくする。④鰊を昆布で巻き、みげで2回巻いて結ぶ。⑤鍋に昆布巻きを並べ入れ、昆布の戻し汁、酒、酢を入れて落とし蓋をし、火にかける。⑥煮立ったら弱火にして1時間ほど煮込み、柔らかくなったら砂糖、醤油、みりんを加えて入れ、更に20分ほど煮たら、火を止めて漬け込んでおく。昆布巻きの作り方は人それぞれで、圧力鍋で煮込んだり、銅なべで煮込んだりする人もいる。また、みげのかわりにかんぴょうを使い、そのまま食べられるように作る方法もある。かんぴょうを使って作る場合には、塩を加えたぬるま湯でかんぴょうを洗って戻し、みげと同じように昆布を巻いて結ぶとよい。昆布巻き鰊は「よろこぶ」と言う言葉に似ていることから縁起のよい食べ物とされ、正月やお盆、祝い事などでよく作って食べられる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ゆうがお炒り
夕顔/シソの葉/醤油/塩/みりん/油①夕顔の皮をむいて種をとり、食べやすい大きさに切る。②鍋に油をしき、夕顔を入れて、塩を少々ふり、炒める。③醤油とみりんを加えてさらに炒める。④味が染みてしんなりしてきたら刻んだシソの葉を加えてさっと炒めて出来上がり。夕顔のトロッとした食感が美味しい。また、ひき肉などを加えてあんかけにしても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なすきざみ
ナス/キュウリ/ミョウガ/オクラ/赤南蛮/青南蛮/醤油/だし汁①ナス、キュウリ、ミョウガ、赤南蛮、青南蛮、シソの葉を細かく刻む。ナスとシソの葉は水に浸してアクを抜く。②オクラを湯がいてきざむ。③①と②を混ぜ、醤油とだし汁を加えて味を調える。山形名物「だし」と同じような料理。好みの野菜を刻んだり、混ぜ合わせる野菜の配合を変えることで、様々な味を楽しめる。ごはんにかけて食べたり、冷奴や湯豆腐にのせて食べると美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


オクラ入りダシ
オクラ/キュウリ/ナス/鷹の爪/だし醤油①オクラを湯がいて水気を切り、食べやすい大きさにカットする。②ナスを細かく刻んで水にさらしてアクを抜く。③キュウリを細かく刻む。④オクラ、ナス、キュウリを混ぜ合わせ、だし醤油で味を調える。⑤好みで鷹の爪を加えて辛みをつける。オクラのトロッとしたねばりと、キュウリのシャキシャキ感、ナスのキュッとした食感が合わさり、口の中で異なる食感がハーモニーを奏でる。シンプルな味付けで、ご飯にのせて食べたり、他の料理に混ぜて食べたりと、様々な食べ方ができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なすのずんだ和え
ナス/枝豆/砂糖/塩①鍋にお湯を沸かし、塩を加えて枝豆を湯がく。②湯がいた枝豆のサヤと薄皮を除き、砂糖と塩を加えてすり鉢でする。③ナスを縦に切り、湯がいてから水気を切って砂糖と塩で下味をつける。④ナスとずんだをあわせて混ぜ、器に盛り付ける。鮮やかなずんだの緑色が映えて見た目にも美しい。お通しやおつまみで出すと喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


しそ味噌巻き
餅粉/砂糖/味噌/酒/シソの葉①鍋に餅粉、味噌、砂糖、酒を入れて、木ベラで練りながら火にかける。②混ざってねっとりとしてきたら、火から下ろし、味噌が乾燥しないように布巾等をかぶせて冷蔵庫で寝かせる。③洗って水気を切った青シソの裏側に②の味噌をのせて、葉の付け根の方から巻き、爪楊枝に刺す。1本の爪楊枝に好みで、2~3本くらい刺す。④高温(180~190度)に熱した油で20~30秒ほど揚げる。⑤油から取り出してバットなどにのせ、油を切る。保存食として作る場合には、130~140度くらいの低温でじっくり30分程揚げる方法もある。高温で短時間揚げたものは鮮やかな緑色になる。作る人によって味がそれぞれ異なるので、交換して食べ比べてみるのも楽しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


みょうがの甘酢漬け
みょうが/酢/砂糖/塩①みょうがを洗い、水気を切る。②みょうがにさっと熱湯をかける。③酢、砂糖、塩を合わせて漬け液を作り、②のみょうがを漬ける。さっと熱湯をかけることで色がきれいに出やすくなる。酢に漬けておくときれいなピンク色に漬かる。お通しなどに出すと喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


梅の赤漬け
梅/砂糖/塩/酢/赤漬けの素①梅を洗ってから一晩水に漬ける。②ざるに入れて水気を切り、砂糖、塩、酢、水、赤漬けの素をかき混ぜ、梅を加える。③落とし蓋をして軽く重石をのせ、そのまま2か月ほど置く。④天気のいい日に二時間くらい裏返して干す。あまり塩辛くなく、甘酸っぱい。お茶請けに出して喜ばれる一品。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


そば寒天
そば/砂糖/棒寒天①乾(または生)蕎麦を茹でて水気を切る。②棒寒天を水で戻して、ふやけたら水気を切る。③鍋に寒天と砂糖を入れて煮たて、沸騰したら火から下ろす。④粗熱がとれたら型に流し入れて、①のそばを加えて冷やし固める。④固まったら食べやすい大きさにカットする。お盆の頃に作ると、お墓参りに持っていったり、お客さんへのおもてなしとして出したり、様々な場面で使える料理になる。そのまま食べてもよし、砂糖の分量を減らしてそばつゆなどにつけてたべてもよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


惣菜寒天
豆腐/人参/干しシイタケ/枝豆/キクラゲ/棒寒天/砂糖/醤油/塩①棒寒天を水で戻して、ふやけたら水気を切る。②鍋に寒天と砂糖を入れて煮たて、寒天がとけたら醤油と塩を入れて混ぜる。③豆腐は水気を切っておく。④干しシイタケを水で戻し、千切りにする。⑤人参とシイタケを鍋に入れて醤油と砂糖を加えて煮たて、下味を漬けておく。⑥②と⑤を合わせ、豆腐をほぐして加え、火にかける。⑦型に流し入れて、冷やし固める。枝豆を茹でて一緒に型に流し入れると、鮮やかな緑が映えて見た目にも美しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


惣菜寒天
豆腐/干しシイタケ/ブロッコリー/パプリカ/ピーマン/棒寒天/砂糖/醤油/塩①棒寒天を水で戻して、ふやけたら水気を切る。②鍋に寒天と砂糖を入れて煮たて、寒天がとけたら醤油と塩を入れて混ぜる。③豆腐は水気を切っておく。④干しシイタケを水で戻し、千切りにする。⑤パプリカとピーマンを千切りにする。⑥ブロッコリーを小房に分けて湯がき、水気を切っておく。⑦シイタケを鍋に入れて醤油と砂糖を加えて煮たて、下味を漬けておく。⑧②、⑤、⑥、⑦を合わせ、豆腐を食べやすい大きさにカットして加え、火にかける。⑦型に流し入れて、冷やし固める。見た目にも色鮮やかで食欲をそそる。様々な食材が入っているので栄養満点。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


サラダ寒天
牛乳/キュウリ/人参/えのき/卵/棒寒天/マヨネーズ/砂糖①棒寒天を水で戻して、ふやけたら水気を切る。②キュウリ、人参を千切りにし、えのきは石づきをはずしておく。③②をさっと湯がく。④鍋に寒天をちぎって入れ、牛乳を加えて火にかけ、泡だて器で混ぜながら溶かす。⑤④に砂糖を加えて溶かし、火を止める直前にマヨネーズを加えて混ぜる。⑥型に粗熱がとれた⑤を流し、③の野菜を均等にちらし入れて冷やし固める。好みの野菜を加えることで、アレンジを変えて、様々なサラダ寒天に仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


あっさりサラダ寒天
そうめん/キュウリ/ハム/卵/棒寒天/マヨネーズ/ゆずマヨネーズ/砂糖/酢/塩①そうめんを茹でて、水気を切っておく。②キュウリを千切りにする。できれば、皮つきの青い部分がよい。③卵を溶いて薄焼きにし、錦糸卵にする。④①~③を混ぜて、マヨネーズ、柚子マヨネーズを加え、好みで砂糖、酢、塩を加えて味を調える。⑤棒寒天を水でふやかし、水気を切る。⑥鍋に水と寒天を入れて火にかけ、沸騰させる。⑦粗熱がとれたら寒天液を④に流し入れて混ぜ、冷やし固める。⑧食べやすい大きさに切り分けて器に盛る。様々な具が入り、栄養満点。彩りもきれいで、おもてなし料理や法事料理としても喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


卵寒天
砂糖/卵/寒天/塩①鍋に砂糖と寒天を加えて火にかけ、沸騰させて煮溶かし、火から下ろす。②卵を割りほぐして加え、かき混ぜる。③型に流し入れて固める。④食べやすい大きさにカットする。お惣菜だが、甘くて、プリンのような味。お通しや箸やすめに、またはデザートとして楽しめる料理。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


くるみゼリー
ざらめ/クリアガー/くるみ①鍋に水とクリアガーを入れて火にかける。②ざらめを加えて煮溶かす。③型にゼリー液を流し入れる。④くるみを刻んでフライパンで空炒りする。⑤③の粗熱が取れたら、④のくるみを散らして冷やし固める。くるみは、使う前にフライパン等で空炒りすることで風味が増して美味しくなる。ざらめのまろやかな甘さとくるみの香ばしさがマッチしていて、シンプルながら味わいの深いゼリー。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


抹茶ババロア
カボチャ/生クリーム/牛乳/砂糖/ゼラチン/抹茶①カボチャを蒸して柔らかくする。②牛乳、生クリーム、砂糖を鍋に入れて火にかけ、ゼラチンを入れてふやかす。③①と②を混ぜて、抹茶を加え、ミキサーに入れて30秒ほど回す。④型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。ミキサーがなければ、蒸したかぼちゃを熱いうちに裏ごしして加えるとよい。小豆を煮てかけて食べても美味しい。抹茶を加えずに、かぼちゃのババロアを楽しむこともできる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


コーヒーゼリー
砂糖/コーヒー/ゼラチン/好みでホイップクリーム①鍋に水と粉ゼラチンをふり入れて火にかける。②砂糖とインスタントコーヒーを加えて混ぜ、型に流し入れる。③冷蔵庫で冷やし固めて、器に盛り、好みでホイップクリームを添える。コーヒーには、モカやキリマンジャロ、ブレンドなど様々な味がある。好みの豆のコーヒーで作るのがおすすめ。また、水の分量を減らしてドリップしたコーヒーを加えて作ると、上質な風味のコーヒーゼリーを楽しむことができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


パイン寒天
パイナップル缶詰め/砂糖/色つき棒寒天①棒寒天を洗って水に浸し、水気を切る。②鍋に水、棒寒天、砂糖を入れて火にかけ、沸騰させる。③缶詰のシロップを抜いて、パイナップルを入れたまま寒天液を流し入れる。④冷やし固めて、固まったら取り出し、切り分ける。色つき棒寒天を使用すると彩りが鮮やかな寒天になる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


パイン牛乳寒天
パイナップル缶詰/牛乳/砂糖/棒寒天①棒寒天を洗って水に浸し、水気を切る。②鍋に水、棒寒天、砂糖を入れて火にかけ、沸騰させる。③牛乳を別の鍋に入れて沸騰させないように温める。④②と③を混ぜる。⑤缶詰のシロップを抜いた容器に、パイナップルを入れたまま寒天液を流し入れる。⑥冷やし固めて、固まったら取り出し、切り分ける。パイナップルの甘酸っぱさと牛乳のまろやかさが合わさり、さっぱりとした寒天になる。黄色と白の2色の彩りがよく、おもてなしや法事など、様々な機会に作って喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


青りんごゼリー
青リンゴゼリーの素/みかんの缶詰①鍋に水とゼリーの素を入れて煮溶かす。②沸騰直前で火を止めて、型に流し入れる。③粗熱がとれたらみかんの缶詰を加えて(シロップは除く)冷やし固める。ゼリーの素を使うと簡単にゼリーが作れるが、缶詰めや季節のフルーツを加えることで、オリジナルの見た目にも美味しそうなゼリーに仕上げることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


豆乳ババロア
豆乳/生クリーム/砂糖/クリアガー①鍋にクリアガー、豆乳、砂糖を入れて火にかけ、混ぜる。②クリアガーと砂糖が溶けたら生クリームを加える。③型に流し入れて冷ます。生クリームを加えることで口当たりがまろやかでコクも一層増す。豆乳の風味がたっぷり。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


梅っこババロア
牛乳/水/生クリーム/砂糖/塩抜きした梅干し/ゼラチン①梅干しは半日酢水に漬けて塩抜きをする。②ゼラチンに水を加えてふやかす。③塩抜きした梅干しに水を加えてミキサーにかけ、梅ジュースにする。④鍋に牛乳、生クリーム、砂糖を加えて火にかける。このとき、沸騰しないように注意する。⑤④を火からおろし、③を加えて混ぜ、型に流し入れて冷やし固める。梅の酸味がきいていて、牛乳や生クリームのコクがたっぷりなのに、後味がさわやかなババロア。塩抜きしたとはいえ、くせになりそうなあっさりした塩気がいきている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


牛乳ゼリー
牛乳/砂糖/ホイップクリーム/パイナップル缶詰/みかんの缶詰/ゼラチン①鍋に牛乳、砂糖、ホイップクリーム、ゼラチンを入れて火にかけ、沸騰直前で火を止める。②食べやすい大きさにカットしたパイナップルの缶詰とみかんの缶詰を型に入れて、粗熱がとれた寒天液を流し入れて冷やし固める。口当たりなめらかでコクがあり、栄養も満点のゼリー。法事や彼岸、お盆などで作ると子どもからお年寄りまで喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


のし梅寒天
梅ジャム(梅/ざらめ)/寒天①寒天を洗ってしぼり、水気を切る。②鍋に寒天と水を入れて火にかけ、寒天が溶けたら梅ジャムを加えてよく混ぜる。③型に流し入れて冷やし固める。梅と砂糖だけで味付けているので、シンプルだが、さわやかな梅の酸味がストレートに伝わるお菓子。疲れたときに食べると梅のクエン酸効果で疲労回復にもなる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


豆腐入りレアチーズケーキ
豆腐/クリームチーズ/ヨーグルト/ゼラチン/蜂蜜/レモン汁①豆腐をキッチンぺーパーに包んで水切りする。②クリームチーズを電子レンジにかけて柔らかくする。③ゼラチンに水を加えてふやかしておく。④ボールに①、②、③を加えてよく混ぜ、型に入れて冷やし固める。⑤好みのフルーツソースやジャムなどをかけて出来上がり。豆腐やヨーグルトを使用することでヘルシーなレアチーズケーキになる。口当たりもさっぱりで、食べやすい。蜂蜜など甘さは、好みで調整するとよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ざらめゼリー
ざらめ/ゼラチン①鍋に水とゼラチンとざらめを入れて煮溶かす。②溶けて混ざったら火からおろし、型に流し入れる。③冷蔵庫で冷やし固める。ゼラチンは水の量に対して使用する通常の分量よりも多く使用する。すると、硬めの歯ごたえが良いゼリーに仕上がる。懐かしい感じがする優しい甘さ。シンプルだが、琥珀色が美しいゼリー。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やろこはちまき寒天
砂糖/棒寒天/やろこはちまき(ナツハゼ)ジャム①棒寒天を洗ってちぎり、水につけておく。②鍋に水気を切った棒寒天と水を入れて、火にかける。③煮たったら砂糖を加えて混ぜ、火から下ろす。④型に寒天液を流しいれ、ヤロコハチマキジャムをかけて冷やし固める。寒天を型に流した後にジャムやソースを流し入れると、2層に色がついたきれいな寒天にしあがる。ヤロコハチマキは酸味のきいた山の果実で、ブルーベリーよりもすっぱく栄養価が高い。和製ブルーベリーといえる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山ぶどう寒天
砂糖/山ぶどう液/棒寒天①棒寒天を、2時間くらい水に漬けておく。②鍋に寒天をちぎって入れ、水を加えて煮る。③寒天が溶けたら砂糖を加える。④塩を少量加えて混ぜる。⑤流し型に流し入れ、熱いうちに山ぶどう液を4隅から少量ずつ流し入れる。⑥冷やし固める。最後に液を4隅から流し入れることによって、山ぶどう液がだんだん中央に寄って来て、上層だけにきれいな紫が色づき、2色の層に仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山ぶどう液寒天
砂糖/山ぶどう液/棒寒天①棒寒天を、2時間くらい水に漬けておく。②鍋に寒天をちぎって入れ、水を加えて煮る。③寒天が溶けたら砂糖を加える。④塩を少量加えて混ぜる。⑤流し型に流し入れ、熱いうちに山ぶどう液を4隅から少量ずつ流し入れる。⑥冷やし固める。山ぶどうの鮮やかな色は、少量でも広がっていく。山ぶどう液を入れすぎると固まりにくくなる。しかし、少々多めに入れて口当たりの柔らかい寒天を楽しむこともできる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


さくら寒天
粉寒天/砂糖/桜の塩漬①鍋に水を入れて粉寒天を加え、火にかけて沸騰させる。②砂糖を加え、溶けたら火を止める。③型に寒天液を流し入れる。④桜の花の塩漬をさっと洗って表面の塩をとり、ペーパーなどで水気をとる。⑤粗熱がとれた寒天に桜の花の塩漬を加えて冷やし固める。桜から香りが移り、上品で見た目にも美しい寒天になる切り口を考えて桜の花が映えるように加えるとよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ずんだ豆乳寒天
豆乳/ずんだ/砂糖/粉寒天/塩①鍋に水を入れて粉寒天を加え、火にかけて沸騰させる。②豆乳、ずんだ、砂糖を加え混ぜる。③型に流して冷やし固める。豆乳もずんだも豆なので、イソフラボンがたっぷりでヘルシー。豆の風味が口の中いっぱいに広がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど







あけびの肉詰め
あけび/豚ひき肉/ごぼう/人参/ピーマン/味噌/砂糖/ゴマ油/みりん/片栗粉/かんぴょう①あけびを油で揚げる。②かんぴょうは塩を加えたぬるま湯で洗い、戻しておく。③ひき肉、ごぼう、みりん、ピーマンをみじん切りにして油で炒める。④味噌、みりん、ゴマ油を加えて炒め、味を調える。⑤③に片栗粉を加えて火にかけ、固める。⑥④をあけびに詰めて、かんぴょうで結ぶ。あけびの中に詰めた具沢山の餡が口の中で広がる。あけびのほろ苦さもアクセントとなり、くせになる味わいを堪能できる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


アユ寿司
酢で〆た鮎/すし飯/塩漬けのからし菜
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


芋がら炒り
芋がら/打ち豆/調味料
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


芋がらの酢漬け
芋がら/酢/砂糖/塩①芋がらの皮をむき、4センチくらいの長さに切りそろえ、水に漬けてアク抜きをする。②鍋に芋がらを入れて空炒りする。③酢、砂糖、塩を加えてなじませ、ビニール袋などにいれて、味がなじむまで漬けておく。酢に漬けることによって、ピンク色に染まってくる。さっぱりしていてお菓子感覚で食べられる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


柿なます
干し柿10個/大根1/2本/人参1/2本/砂糖・塩・酢適量/ゆで青豆湯呑茶碗1杯干し柿は、ヘタを取り除き適当な大きさに切り、大根人参は皮をむき、千切りにし、塩を少量入れ、さっと揉み水にひたしておく。器に材料をすべて入れ、調味料とともにかき混ぜ、味を整えて出来上がり。手軽でどなたでも簡単に作りやすいので、是非お試しください。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢一本漬け
カブ/酢/ザラメ/塩おろぬきのカブ6kgに、酢500ml、ザラメ1kg、塩200g、を加えて45日漬け込む。甘酸っぱくて食べやすく、お茶うけにもよく用いられます。本格的な収穫の前の間引きのカブを利用します。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


くるみ餅
くるみ/砂糖/醤油/塩①外皮を取り除いたクルミをすり鉢ですり、砂糖を加えてさらにする。②お湯を加えて少しのばし、塩と醤油で味を調える。③餅を搗き、ちぎって入れる。くるみは酸化しやすいので、作りたてを食べるのが一番美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刺身こんにゃく
こんにゃく芋1㎏/水3ℓ/精製ソーダ30g①芋の皮をむき水の中へすりおろす。②ピンク色から半透明になるまでかき混ぜながら煮る。③精製ソーダを150㏄のぬるま湯で溶かし、②へ入れてまたかき混ぜながら火にかける。④火が通ったら、寒天流しに流して型を作る。⑤固まったら適当な大きさに切って、約1時間ほど沸騰させて出来上がり。芋を作るには3年もかかります。自分で育てた芋で作るこんにゃくはとってもおいしいですよ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


生姜の梅漬け
しょうが/梅酢/赤シソ①しょうがを洗って水気をきる。②赤シソの梅酢を加えて漬け込む。生姜に赤しその色と梅漬けの味が移り、とても風味があって美味しい。ご飯にのせて食べるとご飯がすすむ。刻んで他の漬物にまぜたり、料理につかっても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ちょろぎの梅漬け
ちょろぎ/梅酢/(赤シソ)ちょろぎに、赤シソの梅酢を加えて漬け込むちょろぎの形がユニーク。食感がパリパリしていて食べやすい
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


とち餅
餅/トチの実①熟成して落ちたトチの実の皮をはずし、虫を殺すために、1週間水にさらす。②水から引き揚げてカラカラになるまで天日干しにする。③乾燥した実を熱湯に浸して1日置いた後鬼皮をむき実を取り出す。④流水に2週間ほどさらし、あく抜きし、3~4時間煮る。煮汁に同量の木灰を入れて1昼夜置きあくを抜く。⑤水洗いして、30~1時間ほど水にさらす。⑥水を切ってセイロのそこに餅米を入れ一緒に蒸し、臼で搗く。岐阜県高山では、「あん入りトチ餅」「トチの実せんべい」などが商品化され、観光みやげとして売れ行き上々。鏡沢では、森の中での生活から始まったトチ餅がつい先頃まで森の味として親しまれていた。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこのしゃぶしゃぶ
原木なめこ①原木なめこを沸騰したお湯でしゃぶしゃぶする。②お湯からなめこを引き上げ、好みのタレでいただく。つるんとしたなめこの特徴的な食感は、喉越しが良くて、いくらでも食べられそう。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこの炭火焼き
原木なめこ①傘が開いた大きななめこを炭火を熾した七輪の網の上であぶる。天然のなめこは肉厚なので風味も格別。ほのかな松茸の風味が味わえると言われている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこ出汁
原木なめこ/山芋/オクラ/きゅうり/なす/だし汁/しょうゆ①原木なめこを洗って石づきをはずす。大きい原木なめこは食べすい大きさにカットする。好みなので、大きいままでも良い。②オクラを湯がいてカットする。③キュウリとナスを細かく刻み、ナスは水にさらしてアクを抜く。④山芋を千切り、または細かく刻む。⑤①~④を合わせてだし汁と醤油で味付けする。とろっとして、ご飯にのせて食べるとご飯がすすむ。また、お蕎麦に付け合わせたり、晩酌のお供に、お通しとして出しても喜ばれる。様々な具が入り、粘り食材による滋養強壮効果も期待できる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこの天ぷら
原木なめこ/天ぷら粉①天ぷら粉を水で溶き、なめこに衣をつける。②油で揚げる。③好みで塩や醤油をつける。意外な調理方法だが、病みつきになる美味しさだと言われている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこのトロミ丼
原木なめこ/ナス/キュウリ/オクラ/出汁醤油 ①原木なめことオクラをそれぞれ湯がき、オクラを食べやすい大きさに切る。②ナス、キュウリをみじん切りにする。③出汁醤油で和える。究極のネバネバ料理。ご飯にかけて食べれば、食欲倍増。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこのばあちゃん焼き
原木なめこ/シソ/小麦粉/味噌/油①なめこに細かく切ったシソの葉、小麦粉、味噌を加え、水を加えて混ぜる。②フライパンやホットプレートに油をひき、適量を敷いて焼く。おばあちゃんが作ってくれた手作りおやつの味を受け継いだ今のおばあちゃんが教えてくれる懐かしい素朴な味。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこのみそ汁
原木なめこ/煮干し/鰹節/味噌/豆腐/ねぎ①煮干しと鰹節でだしを取っておく。②だし汁に下処理した原木なめこを入れて火にかける。③沸騰直前に味噌と豆腐を加えて味を調える。④再び沸騰直前にねぎを浮かべたら火を止めて完成。なめこは、石付きを切ってたっぷりの水に30分ほど付けておくだけで、汚れが取れます。実は、下処理がとても簡単なのです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ひっつみカボチャ
かぼちゃ(中)1個/薄力粉500g/砂糖・塩少々/かぼちゃは半分に切り、種を取り、適当な大きさに切り水に浸しておく。水気をきり、鍋でやわらかくなるまで煮る。汁は砂糖と塩で味を整えておく。一方、薄力粉は水で溶き、耳たぶの固さに練りつぶし、水をつけたら薄くのばして切り(ちぎり)、かぼちゃの中に入れ煮立たせ、味をきちんと整え、出来上がり。雪深い東北地方では、冬の間、緑黄色野菜(特にベータカロチン)が不足することから、これらを少しでも補うため、(私の出身地の遠野では)古くから食べられていたとのことです。皆さんも是非一度お試し下さってはいかがでしょうか。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なんばの葉炒り
南蛮(唐辛子)の葉/しょうゆ/砂糖/みりん/油/鷹の爪①南蛮の葉を湯がいて水気を切ったあと、冷水に一晩ひたしてアクをぬく。②油をしいた鍋に水気をきった①と調味料を入れて火にかけ、汁気がなくなるくらいまで炒る。③鷹の爪を加えてさらに炒る。鷹の爪は好みで加えるとよい。辛いのが好みであればさらに唐辛子を加えたり、辛いのが苦手なら赤ピーマンを加えると彩りもよくなる。ご飯にのせて食べると、甘辛いのでご飯が進む。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山芋のむかご揚げ
山芋のむかご/油/塩①収穫したものを洗って乾燥させ通気を良くして保管しておく。②油を熱し低温でじっくりと揚げる。③試しに食べてみてほっくり感が出たら出来上がり。お好みで塩を振ったら立派なおやつ。お酒のおつまみにもなります。秋に収穫したものは、保管状態が良ければ5月頃まで食べられます。それ以降は芽が出てきますので、食べられません。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山芋むかごの大学芋
山芋のむかご/油/砂糖/みりん/醤油/白ごま①むかごを油で揚げる。②フライパンに調味料を入れ煮溶かし、①を入れてからめる。③汁気がなくなってきたら白ごまを加え、からめて火を止めれば出来上がり。むかご揚げの食べ残したものを使って作ることができるリサイクル料理です。小さくても、山芋の風味がギュッと詰まっていて、香ばしく、手が止まらなくなる美味しさで、子供たちのおやつにも大人気です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山芋むかご飯
米2合/山芋のむかご80g/酒大さじ2/塩小さじ1/だし昆布小さいもの1枚①米を研ぐ。②通常の水加減に調味料とむかごなど全ての材料を米と混ぜて昆布を上に乗せて炊飯器で炊けばできあがり。ちょっとした変わりごはんとして食卓に出せば、喜ばれること請け合いです。塩味が効いているのでこれだけ食べてもどんどん食べられる上、おむすびにしてお弁当に持っていってもいいものです。田舎で山芋の畑があるところならではの食べ物と言えると思います。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


栗ようかん
栗/砂糖/寒天/塩①栗の皮を剝いて、茹でる。砂糖を加えて、味を調える。②栗をマッシュし、さらに砂糖、水を加えて練り、寒天を加えて火にかける。③塩を少々入れて練り上げ、型に流して冷まし、食べる時に切り分ける。栗だけで作った贅沢な羊羹。口の中でスーッとほどけていくような食感。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山芋のレモン漬
山芋/レモン/塩①山芋を薄くスライスする。②レモンを薄く輪切りにし、半月に切る。③山芋とレモンを重ねて塩をふり、漬け込む。山芋のシャキシャキした食感とレモンの爽やかな酸味が絶妙に絡み、小鉢に入れて、おもてなしの一品としても喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ばくろもたし炒り
ばくろもたし400g/ちくわ2本/醤油大さじ2.5/油大さじ2/ピーマン1本/七味唐辛子適量①塩漬けしておいたばくろもたしをさっと洗い、鍋に湯を沸かして煮る。②冷水で洗い、さらに一晩水に漬けて塩抜きをする。③鍋に油をしき、ばくろもたしと斜め切りにしたピーマンを加えて炒める。④醤油を加え、好みで七味唐辛子を加えて味を調える。塩抜きをする際、食べる大きさに切ってから煮て、水にさらすと早く塩気が抜ける。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ぶなかのかとフキの炒り物
ぶなかのか100g/フキ300g/醤油少々/酒少々/油適量①ぶなかのかを湯がき、絞って水気を切る。②フライパンに油をしいて、フキを炒める。③ぶなかのかを加えて、醤油と酒を加え、炒めて味を調える。好みで七味唐辛子を加える。フキは、初夏にとって水煮し、瓶詰めしておいたものを使用。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ぶなかのかのニンニクづき
ぶなかのか100g/味噌100g/にんにく/砂糖少々①ぶなかのかを熱湯で湯がく。②すり鉢に味噌を入れて擂る。③にんにくをすりおろして、②の味噌と混ぜる。④③のにんにく味噌とぶなかのかを和える。味が濃く、にんにくの風味たっぷり。ごはんにのせたり、おにぎりに混ぜたり、お浸しと一緒に食べたり、様々な料理に使える。残った味噌に唐辛子を加えて混ぜると、味噌ラーメンに添えるとトッピングの辛みそとしても使える。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


イカとぶなかのかのニンニクづき
ぶなかのか/イカ/味噌/にんにく/砂糖①ぶなかのかを湯がき、絞って水気を切る。②イカをひと口大に切って、湯がく。③すり鉢ににんにくを入れて擂る。④③に砂糖、味噌を入れて摺り、ぶなかのか、イカを加えてあえる。イカのかわりにタコ(特に頭)を加えても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


干しひらたけ炒り
干しひらたけ/干しエビ/醤油/みりん/油①干しひらたけを一晩水に漬けて戻す。②戻したひらたけを湯がいて水気を切る。③フライパンに油をしいて、ひらたけを入れ、醤油、みりんを加えて、汁気がなくなるまで炒める。④火から下ろす直前に干しエビを加えて再度火にかけて出来上がり。干しエビを加えると味が出て美味しくなるが、豆や五目揚げ、肉など、他の食材を加えても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ほうき茸炒り①
ほうき茸/竹の子(瓶詰)/醤油/砂糖/酒/みりん/油①採ってきたほうき茸を洗わずに、そのまま熱湯で湯がく。②冷水にさらしてゴミと石づきをとり、小房に分ける。(ほうき茸は崩れやすいので、大きいまま湯がいてから分けるのがいい)③瓶詰めの竹の子を斜め切りにする。このとき、瓶詰めの汁はとっておく。④瓶詰の汁と③の竹の子と、②のほうき茸を鍋に入れて、醤油、砂糖、酒、みりん、油を加えて火にかける。⑤汁気がだいたいなくなるまで火にかけ、出来上がり。竹の子は、採ってきたものを熱湯で湯がいて皮をむき、水にさらしてアクを抜く。瓶に竹の子を詰めて上限まで水を入れ、ふたをせずに瓶ごと鍋に入れて2時間くらい湯がく。蓋をしてさらに1時間ほど湯がく。ほうき茸と竹の子の採集時期は異なるが、瓶詰めにしておくことで、旬の異なる食材を合わせた料理をつくることができる。竹の子は瓶詰の汁も味が染みているので使用するが、ほうき茸の瓶詰めの汁は味気ないので使わない。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ほうき茸炒り②
ほうき茸/糸こんにゃく/竹の子/油揚げ/ピーマン(赤・緑)/醤油/みりん/酒/油/ラー油①糸こんにゃくを熱湯で湯がき、アクを抜く。②糸こんにゃく、ほうき茸、竹の子、油揚げを適当な大きさに切る。③鍋に②を入れて、醤油、みりん、油を加えて汁気がなくなるまで炒める。④ラー油を少々加えて、ピーマンの千切りを加え、さっと火にかける。彩りもきれいで、くせのない食べやすい炒り物。ご飯のおかずとして、おもてなし料理として喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


舞茸炒り①
舞茸/芋がら/打ち豆/醤油/みりん/油①舞茸と芋がらを湯がいて水気を切る。②打ち豆に塩を少々加えて湯がき、水気を切っておく。③鍋に醤油、みりんを入れて舞茸、芋がらを加えて、汁気がなくなるまで炒る。④汁気がなくなったら打ち豆を加え、油を少々加えて火にかけて完成。打ち豆の歯ごたえ、芋がら、舞茸のサクサクした食感がくせになる。舞茸の香りが加わってとても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


舞茸炒り②
舞茸130g/エリンギ130g/パプリカ/バター/醤油/酒①舞茸を小房に分け、エリンギは食べやすい大きさにカットする。②パプリカを千切りにする。③フライパンにバター(半量)と油をひき、①のきのこと②のパプリカを加えて炒める。④酒を少々加えて、醤油と残りのバターを加え、味が絡んだら火を止める。舞茸は香りがいいので、他のきのこと一緒に炒めても美味しい。バター炒めにすると、子どもにも喜ばれる。また、茹でたパスタなどに絡めてきのこパスタにして食べても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


舞茸炒り③
舞茸/糸こんにゃく/ちくわ/南蛮/醤油/みりん/酒/油①舞茸を湯がく。②糸こんにゃくを湯がいてアク抜きをする。③フライパンに油をしいて、舞茸、糸コン、ちくわを加えて炒める。④醤油、みりんを加えて汁気がなくなるまで炒める。⑤南蛮を加えてさっと火をとおして完成。ちくわからもだしが出るので、一緒に炒めると美味しくなる。また、五目揚げや肉など、好みの食材と一緒に炒めても美味しい。糸こんにゃくとキノコ類、どちらもローカロリー食材なので、ダイエットにもおすすめのヘルシーな炒め物。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこ炒め
原木なめこ/醤油/みりん/ラー油/粗挽き塩コショウ①原木なめこを湯がいて汁気を切る。②フライパンに①の原木なめこと醤油、みりん、ラー油を入れて、汁気がなくなるまで炒める。③塩コショウで味を調えて完成。出来上がりは汁気があまりないが、すぐになめこから汁がでてきて、とろっとしてくる。ご飯にかけて食べるとトロッとしたぬめりでごはんが進む。そばやうどんにトッピングとしてのせても美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこ和え
原木なめこ/みずぼんぼの塩漬け/みずの塩漬け/コリンキーの粕漬け①原木なめこを湯がいて食べやすい大きさに切る。②コリンキーの粕漬けを細かく切る。③みずぼんぼ、みずの塩漬け、コリンキーの粕漬と①の原木なめこを和えて味を調える。原木なめこのぬめりと、それぞれの漬物の味が合わさり、とても食べやすい。特に、コリンキーの粕漬けの味が染みている。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこひしょ
原木なめこ/黄色の菊/竹の子/ワラビ/ぶなかのか/赤ピーマン/南蛮/塩①原木なめことぶなかのかを湯がく。②それぞれの材料を同じくらいの大きさに刻んで混ぜる。③南蛮と塩を加えて味を調える。彩りが良いので、お通しにだしたり、とろっとしているのでご飯やそばに添えてたべるのがおすすめ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこきざみ
原木なめこ/パプリカ(赤・オレンジ・黄)/ピーマン/菊/醤油/だし汁/みりん/酒①原木なめこを湯がいて水気を切る。②フライパンに①の原木なめこを入れて空炒りする。③刻んだパプリカとピーマンを加え、醤油、みりん、出汁、酒で味を調える。シンプルな味付けだが、なめこの香りとぬめりがストレートに伝わる。また、色とりどりのパプリカやピーマンを加えることで、とても鮮やかな一品になる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこおろし
大根1/2本/原木なめこ250g/酢/砂糖/塩①大根の皮をむき、すりおろす。②原木なめこを湯がいて水気を切る。③①と②を合わせ、酢、砂糖、塩で味を調える。大根おろしは消化を助ける作用があり、原木なめこはとろっとしていてのどごしがいいので、そばに添えたり、もち料理の付け合わせにぴったり。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なめこときくらげ中華風
原木なめこ/豚肉/玉ねぎ/人参/ほうれん草/春雨/キクラゲ/しょうが/にんにく/油/醤油/酒/ゴマ油/ラー油①フライパンに油をしいて、しょうがとにんにくを炒める。②豚肉を入れて、次々に野菜を加えて炒める。③酒、みりん、醤油で味を調える。④春雨とキクラゲを入れて炒める。中華味にすることで、子どもから大人までお惣菜感覚で食べられる。様々な野菜や豚肉、薬味もたくさん入っていて栄養も満点。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


原木なめこ汁
原木なめこ/味噌/だし汁/ネギ①原木なめこの石づきをはずして水に30分くらいさらし、ゴミをとる。②鍋にだし汁を入れて、原木なめこを加えて火にかける。③火を弱め、味噌を加えて溶かす。④火からおろし、器に盛って、好みでネギを加える。原木なめこの下処理で石づきをとるのにハサミを使うと簡単に切り分けることができる。また、水に浸すことによって、簡単にゴミがはなれるので、意外に下処理は簡単。また、小粒の原木なめこは、石づきをとって、湯がいてから水にさらすと一層ゴミが離れやすくなる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


きのこごはん
うるち米/鳶茸/舞茸/しめじ/きくらげ/ひらたけ/枝豆/醤油/酒/みりん/油/菊①鍋に醤油、酒、みりん、油を入れて火にかけ、洗って下処理したきのこ類を加えて炒める。③きのこを引き上げて、研いた米の分量の水を減らしてきのこを炒った汁を加え、さらに水を加えて分量の水にする。④米を炊飯器で炊き、炊きあがりに炒ったきのこ類を加えて混ぜ、蒸らしてできあがり。好みのきのこを炒めて加えてよい。また、彩りに枝豆や菊などを散らすと見た目にも美しく仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


五目ぶかし
餅米/シイタケ/ごぼう/人参/油揚げ/グリーンピース/醤油/みりん/酒/油/刻みのり①餅米を一晩水にひたし、ざるにあげて水気を切る。②シイタケを薄く刻み、人参とごぼうはささがきにし、ささがきにしたごぼうは水にさらしてアクを抜く。③鍋に②と醤油、みりん、酒、油を加えて炒め煮る。④蒸し器で20~30分餅米を蒸す。⑤大きい器に④の餅米をあけて、③の具を加えまんべんなく混ぜる。⑥⑤を蒸し器に戻して20~25分ほど強火で蒸す。⑦器にもり、グリーンピースを添え、刻みのりを飾る。シイタケやごぼうを入れることによって味が出るが、好みで鶏肉やこんにゃくなどを加えてもよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


栗ごはん
うるち米5合/栗(剥いて)500g/酒大さじ2/塩大さじ1/醤油小さじ1①うるち米を研ぐ。②栗の皮をむき、一口大に切る。③炊飯器に米と栗を入れ、塩、酒、醤油を加え混ぜて炊く。栗のほくほく感が美味しく、味付けもシンプルにした栗ごはんは、噛むほどに栗の甘さが広がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なんば味噌
【その1】南蛮1kg/麹1枚/醤油1.8ℓ【その2】醤油1.8ℓ/ざらめ1kg/板麹2枚/赤南蛮300g/赤ピーマン700g【その1】①南蛮の種を取って刻む。②麹をほぐして鍋に入れる。③醤油を加えて火にかけ、もったりしてくるまで2~3時間ほど木ベラで混ぜながら火にかける。【その2】①南蛮と赤ピーマンの種をとってフードプロセッサーで細かく刻む。②鍋にザラメ、醤油、ほぐした麹を加えて木ベラで練りながら1時間から1時間半ほど火にかける。最初は強火で、次第に弱火にし、加減をみて火を止める。なんば味噌は、作った人の数だけ味があると言えるほど、作り手によって材料の配合や作り方がちがう。一度にたくさん作るので、味噌の交換をして、様々な味の味噌を楽しむのもよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なんばの葉炒り②
南蛮の葉/酒/醤油/みりん/砂糖/鷹の爪/刻み南蛮①南蛮の葉を湯がいて、一晩水にさらす。②鍋に油をしいて、①の葉、醤油、酒、みりん、砂糖を加えて汁気がなくなるまで火にかける。③鷹の爪と南蛮を加えて炒る。鷹の爪と南蛮を加えるとピリ辛で、ご飯のおかずにぴったり。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


なんばの葉炒り③
南蛮の葉(湯がいて絞ったもの600g)/醤油大さじ5/砂糖50g/みりん大さじ2/酒大さじ1/油適量①南蛮の葉を湯がいて水気を切り、冷水に一晩さらしてアクを抜く。②鍋に①の葉、油以外の調味料をすべて入れ、汁気がなくなるまで炒る。③油を少量加えてさっと火にかけてできあがり。じっくりと炒めた後、最後に少量の油を加えることで、コクがあるのにあっさりとヘルシーな仕上がりになる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大学芋
サツマ芋/ザラメ/醤油/酒/ゴマ/油①サツマ芋を乱切りにし、水にさらして(5~10分)アクを抜く。②ペーパーで水気を切り、油で素揚げにする。③くしなどを刺して柔らかく通れば火からおろし、油を切る。④ザラメ、醤油、酒を混ぜて③の芋をからめる。⑤熱いうちに黒ゴマをふって出来上がり。外側はカリカリ、中はホクホク。表面は甘辛くて香ばしく、中はサツマイモのやさしい甘さ。何度でも食べたくなる、どこか懐かしい味。サツマ芋を皮ごとよく洗い、皮つきのまま素揚げにすると、あずき色と黄色2色のコントラストが楽しい一品になる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


芋がら甘酢漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


いなご佃煮
いなご1kg/砂糖600g/醤油120cc/酒100cc/みりん100cc①獲ってきたいなごを綿袋に入れて、袋ごと熱湯で20分ほど茹でる。②熱湯から引きあげ、いなごを袋から出してビニール等に広げ、1匹1匹よりながらゴミ等と分別する。③②を再度熱湯で30分ほど湯がく。④鍋に砂糖、醤油、みりん、酒を入れて、いなごを加え、汁気がなくなるまで木ベラで混ぜながら炒る。いなご炒りは時間がかかるが、絶対に目を離さないこと。焦してしまうと臭くて食べられなくなる。汁気がなくなってくると一層焦げやすくなるので注意する。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


柿の酢の物
柿3個/大根500g/きゅうり2本/砂糖大さじ5/酢大さじ3/塩小さじ2①柿の皮をむいてくし切りにし、塩水に5分ほど浸す。②ざるにあげて水気をきる。③きゅうりを塩で板ずりし、薄く輪切りにする。④大根をおろして、砂糖、塩、酢で味付けする。⑤きゅうりと柿と味付けした大根おろしを合わせる。きゅうりと大根おろしの酢のものに、甘い柿が入ることで、甘味のある食べやすい酢のものになる。緑とオレンジ色で彩りも良く、お通しや、デザートにして食べてもよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


柿のヨーグルト和え
柿4個/ヨーグルト450g/砂糖40g①柿の皮をむいてくし切りにし、塩水に5分ほどさらす。②ヨーグルトに砂糖を加えて混ぜる。③ヨーグルトと柿を合わせる。柿が甘いので、砂糖は少量でいい。好みで砂糖を加減するとよい。ヨーグルトの酸味と柿の甘さがマッチしてとても食べやすい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


柿のずんだ和え
柿2個/ずんだ(さやはずした状態の枝豆50g/砂糖10g/塩ひとつまみ)①枝豆を塩を入れて湯がく。②さやをはずし、薄皮をとる。③豆を洗って水気を切り、すり鉢でする。④砂糖を加えてさらにする。⑤柿の皮をむいてくし切りにし、塩水に5分ほどさらす。⑥水気をきり、④のずんだと和える。ずんだあんとみずみずしい柿があわさり、和菓子のような感覚。柿から水分が出てくるので、出来上がり後はなるべく早く食べたほうがいい。法事料理やもてなし料理としても喜ばれる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


柿の白和え
柿2個/豆腐/くるみ/砂糖/塩①くるみをフライパンで空煎りし、すり鉢でする。②水切りした豆腐を加えてさらにする。③砂糖と塩を加えてさらにすり、味を調整する。④柿の皮をむいてくし切りにし、塩水に5分ほど漬ける。⑤柿と③の白和えを和える。白和えにするとすりつぶした豆腐が混ざっているためとても口当たりがなめらか。クリーミーな白和えをほおばると、口の中でみずみずしい柿の甘さがひろがる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈り上げ餅・あんこ
餅/小豆3カップ/砂糖600g/塩適量①一晩小豆を水に浸しておく。②水を捨てて新しい水を加え、火にかけて沸騰したらまたお湯を捨てて、冷水で洗。これを何度かくりかえす③水を加えて火にかけ、砂糖を加えて混ぜる。④適度に小豆をつぶすように木ベラでかき混ぜながら、適量の塩を加えて味を整え、焦げ付かないように注意し、汁気がなくなったら出来上がり。⑤搗いた餅を器に切り分け、つぶしあんをのせる。小豆を煮るのはシンプルな食材の割に、手間がかかる。しかし、丁寧に時間をかけて練り上げたあんこはとても上品な甘さでとても美味しい。餅といえば、様々なお祝い事や行事に欠かせないもの。とりわけ、あんこもちはなくてはならない餅メニューなので、美味しいあんこづくりは絶対に知っておきたいところ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈り上げ餅・納豆
餅/納豆/大根/しょうゆ/だし汁/ねぎ/かつお節①②③だし汁の代わりに、大根おろしのつゆでタレを割っても美味しい。また、アユでとった出汁や昆布で取った出汁など、出汁を変えてみると一見同じような納豆餅だが、様々な味わいがあっておもしろい。家庭それぞれなので、納豆を形が見えなくなるくらいまで練って、粘リづよい納豆だれにして餅を絡めてたべる家庭もあるようだ。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈り上げ餅・すまし
餅/鮎/醤油①鮎を焼いて干す。②鍋に水を入れて、①の鮎を加え火にかける。③煮たってきたら醤油を加えてひと煮立ちさせる。④搗いた餅を切り分け、タレを入れた器に入れる。鮎の風味が出汁に出てとても美味しい。昔は、味噌を布袋に入れて吊るし、たれてきたしぼり汁をすましのタレとして使用していた。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈り上げ餅・ずんだ
餅/枝豆/砂糖/塩①枝豆に塩を加えて湯がき、さやをはずして薄皮をとる。②すり鉢で豆をすり、砂糖と塩を加えて味を調える。③餅をつき、ずんだと和える。時間がない時にはフードプロセッサーを使用して簡単に豆をすりつぶすことができる。その際は、細かくなりすぎるので、かけすぎないよう注意する。ただし、手ですりつぶし、適度に粗いほうが、豆の風味が強く美味しい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


刈り上げ餅・くるみ
餅/くるみ/砂糖/塩①くるみをフライパンで空炒りする。②くるみをすり鉢ですり、砂糖を何回かに分けて加え、する。③お湯を少量ずつ、3回に分けて加え、すりまぜる。④搗いた餅を切り分け、タレに絡めて器に盛る。くるみは、空炒りすることによって香ばしくなり、風味がとても良くなる。また、くるみは油分が多いので、お湯を加えることによって混ざりやすくなる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


牛乳寒天山ぶどうソース
牛乳/砂糖/棒寒天/山ぶどう①山ぶどうのしぼり汁に砂糖を加えて煮詰め、山ぶどうソースを作る。②棒寒天を洗ってちぎり、水にひたしてふやかす。③鍋に水を入れ、棒寒天を加えて火にかける。④沸騰して溶けたら砂糖を加えてよく混ぜる。⑤別の鍋に牛乳を入れて温め、50~60度くらいまで温める。⑥④の寒天液の鍋に⑤の牛乳を加えて混ぜる。⑦濾し器を通して型に流し入れる。⑧冷やし固まったら、食べやすい大きさに切って器に盛り、①の山ぶどうソースをかけて出来上がり。真っ白な牛乳寒天に山ぶどうの鮮やかな赤紫色が映えてとても美しい仕上がりになる。山ぶどうソースは酸味があるので、牛乳寒天のアクセントにもなる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山ぶどうゼリー
山ぶどう/砂糖/ゼラチン①ゼラチンに水を加えてふやかしておく。②鍋に水と砂糖を入れ、①を加えて火にかける。③沸騰する前に火から下ろし、山ぶどう液を加えて混ぜ、型に流して冷やし固める。山ぶどうの色素は少量でもしっかり色がつく。色付けとして使用したり、増量して風味を添えたり、たっぷり使用して山ぶどうの味が濃厚なものにしたり、好みで使用する量を変えるとよい。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


山ぶどうの寒天
砂糖/棒寒天/山ぶどう液①棒寒天を洗ってちぎり、水に浸してふやかす。②鍋に水を入れて棒寒天を加え火にかける。③砂糖を加えてさらに火にかけ沸騰させる。④型に流し入れて、4隅から山ぶどう液を流し入れる。金粉を少量散らすと、とても美しい寒天に仕上がり、高級感も出る。4隅から山ぶどう液を流すことできれいな二層に仕上がる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど







合だてなま酢
大根1.5㎏/にんじん300g/塩小さじ1/2/砂糖200g・酢 100㏄/クルミ150g/油揚げ5枚/砂糖15g①大根・にんじんは千切りにして塩でもみ、水をきってから酢・砂糖を入れて一晩おく。②油揚げは千切りにし、湯煮して水を切る。③クルミはすったものに砂糖を加え、再びする。④①と②を十分水切りし、③に混ぜる。主に法事等で作る。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


黒大豆なます
黒大豆/大根/だし汁/酢・砂糖・塩(★)①黒大豆はつぶしてだし汁で煮る。②大根はおろして水分を取る。③①に②を入れ、(★)を加えてひと煮立ちさせてできあがり。この料理は12月9日大黒様の御年越しに供える中の一品です。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


干し柿なます
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


干し柿てんぷら
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


からし菜寿司
からし菜漬(葉っぱ部分)/寿司飯からし菜を海苔の代わりに敷き、寿司飯を均等にして巻く。私が小さい時母がよく作ってくれ、うれしく食べたのを思い出します。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


かぶら寿司
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


冬至かぼちゃ
小豆/かぼちゃ/砂糖、塩①小豆は柔らかくなるまで煮ます。②サイコロ型に切ったかぼちゃと砂糖を加え、かぼちゃが柔らかくなるまで煮ます。③仕上げに塩を加えて甘味を整えます。冬至の時には欠かさず作ります。普段も作りますが、主に冬に多いです。冬至にこれを食べて、茄子・ガラ・菊ガラを燃やしその炎に当てると、風邪をひかないと言われております。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け①
大根、青菜、にんじん適量/なんば、ピーマン少々/かたうり漬、なす漬、きゅうり漬、紫蘇の実漬(★)①大根、青菜、にんじん、なんば、ピーマンは生のまま食べやすい大きさに切る。②塩は使わず、塩漬けしておいた(★)で漬け込む。食べごろは2日目から。夏・冬問わず、季節にとれる野菜を使って作ります。昔は塩分が強かったような気がします。今は塩分を控えめにし、野菜をたくさん食べるようにしています。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け②
大根/ナスの置き漬/きゅうりの置き漬/ししとう/シソの実/青菜/にんじん/なんば/ピーマン①大根を半月に切って、他の材料と一緒に付け込む。季節にとれる野菜と、保存していた漬物を組み合わせて作ります。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け③
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け④
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け⑤
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け⑥
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


やたら漬け⑦
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根みかん風味漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根の桜漬け①
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根の桜漬け②
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根ゆず風味漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根の醤油漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根たまり漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ごっくら漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢漬け①
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢漬け②
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢漬け③
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢漬け④
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの甘酢漬け⑤
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カブの糀漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


松前漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


おみ漬け①
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


おみ漬け②
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根ビール漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大根柿漬け
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ひきずりうどん
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


呉汁
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


芋の子汁
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


粕汁
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


鮭(よう)汁
①②③
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


カニたたき
モクズガニ/青豆/しょうが
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


納豆
大豆/わら(納豆菌)①よく水に浸してふやかした大豆を4〜5時間かけて煮る。柔らかさの目安は親指と小指ではさんで簡単につぶせる程度。②この煮豆を熱いうちに藁つとに入れ保温する。保温の方法はコモや毛布でくるんでコタツに入れておくことが多かった。人肌程度から40℃位が適温とされ、約2日後には納豆ができる。納豆の粘り具合はコモの外から火箸を突き刺して引き抜き、その箸先を触って確認したそうです。中には失敗することもあり、粘らない納豆ができた時は、塩を入れてかき混ぜることで糸を引かせ、無駄にせずに食べたそうです。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど





通年

あられこ
もち米/砂糖①餅を搗いて伸しておき、包丁が入る位に固くなったら食べやすい大きさに切り、更にカチカチになるまで乾燥させて保存。②揚げる時は低温の油でじっくりと揚げるとサクサクに仕上がる。高温だと芯がのこり焦げてしまう。③紙の上などに広げて粗熱を取り、余分な油分をとったあと好みで砂糖をかければ出来上がり。砂糖のかわりに塩を振れば、おやつばかりではなく、おつまみにもなります。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


イカ飯
イカ4杯/もち米1合/椎茸・にんじん少々/酒・みりん・醤油・だし/①もち米を2時間程水に浸す。②イカは皮と腸をとる。③椎茸・にんじんを細かく切り、水切りしたもち米に混ぜる。④イカに③を半分程度詰める。⑤調味料で煮汁を作り、イカがヒタヒタになるくらいの汁で中火で30分程煮る。我が家のご馳走で、母から引き継ぎました。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


かきもち
もち米2升/白砂糖1㎏/のり1袋/塩少々①もち米をふかし、つく。②砂糖、のり、塩を入れて30分程つき、バットに入れて固める。③硬くなったら薄く切り、陰干しにする。母から受け継ぎ、50年以上作り続けています。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


具だくさんのおから炒り
おから/大根、にんじん、ごぼう、油あげ、こんにゃく、椎茸、ちくわ(★)/長ねぎ/干しえび/ごま/みかんの皮調味料/醤油/味噌/みりん/なんば①(★)を細かく刻み調味料で味付けしながら炒める。②①におからをよく混ぜ合わせ、刻み長ねぎ、干しえび、ごま、みかんの皮を加えさらに炒める。濃い目の味付けがおすすめです。たかがおからとはいえ、いろいろな具がたくさん入っているので栄養があります。ぜひ食べてみてください。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


五目ごはん
ごぼう・椎茸・糸コン・油揚げ(★)/にんじん/米2升5合・もち米5合/調味料/醤油 ごはん茶椀3杯/酒・みりん各1合①ごぼう・にんじんは笹切りにする。②椎茸・糸コン・油揚げは3㎝程に切る。③にんじんは塩を入れて茹でておく。④(★)を調味料で煮て、米に混ぜて炊く。⑤炊き上がったらにんじんを加えて混ぜ合わせる。小さい頃からお祝い事の際炊いてくれた。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


しょうゆぶかし
もち米1升/ごぼう1本、にんじん1本、干し椎茸5枚(★)/醤油180㏄/みりん・酒各20㏄/椎茸のもどし汁400㏄/青のり適量①もち米は洗って一晩水につけてから炊く。(1時間程度蒸す)②(★)の材料を細かく刻む。③椎茸のもどし汁に醤油・みりん・酒を加え、②を入れて煮ておく。④もち米が蒸しあがったら、③の具を混ぜ合わせ再び10分ほど蒸してできあがり。神様の行事がある時作っています。季節によって具の変化も楽しめます。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


そば
そば粉/小麦粉/水
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


大福餅
もち米/あんこ/紫さつまいも/砂糖・塩搗いた餅にあんこを入れて丸め、片栗粉をまぶす。(紫さつまいも)紫さつまいもは裏ごしして、餅を搗きながら混ぜて色をつける。子どもの頃、固くなってしまった大福をあぶり、中から出てきたあんこを食べるのが大好きでした。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


豆腐
大豆/水/にがり①大豆を洗って、一晩水に漬ける。②大豆に水を加えながらミキサーにかけ攪拌する。③鍋に入れて火にかけ、木ベラでかき混ぜながら80度くらいまで温める。④木綿袋に③を入れてしぼり、豆乳とおからに分ける。⑤豆乳を鍋にいれて再度火にかけ、80度まで上げてから、火を止め、75度まで温度が下がったらにがりを加える。⑥型に木綿を敷いて、⑤を流しいれ、冷やし固める。乳を鍋にい手作りの豆腐は大豆の味が濃厚で美味しい。豆腐を作ってできたおからも、ハンバーグやサラダにして食べることができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


しなび胡瓜と茗荷
塩漬け胡瓜/塩漬け茗荷/生姜①塩漬けの胡瓜と茗荷を一晩から1日程度水にさらし塩抜きする。②生の生姜を刻んで、食べやすく切った①と混ぜれば出来上がり。胡瓜(きゅうり)と茗荷(みょうが)は一緒に塩漬けにしておきます。唐辛子も一緒に漬けこんでいるので、辛味も効いていて美味しいです。好みで、キムチ風の味付けをしてもごはんがすすむ一品になります。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


舞茸の炊きぶかし
干し舞茸/油揚げ/にんじん/ごぼう/もち米/醤油①舞茸は前日に水に浸しておく。②もち米は前日といでおく。③材料を細かく刻み、醤油等で味をつける。④もち米がふかしあがったら、③を混ぜ合わせ再びふかす。お彼岸の中日とか家のお祝い事には必ず作り、家族は楽しみにしています。 
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


昆布巻きニシン
昆布/身欠きニシン/ミゲ/酒/砂糖/醤油/水①昆布を扱いやすい固さになるまで水でもどし、20㎝ぐらいの長さに切っておく。②ニシンは、米ぬかを溶かした水か、米のとぎ汁に一晩つけて柔らかくしておく。③ニシンを洗い昆布のサイズに合わせて切り、①で巻き、ミゲでほどけないように結ぶ。④鍋に③を並べかぶる程度の水を入れて10分程度煮る。アクが出たらすくう。⑤酒・砂糖・醤油を入れて圧力鍋のふたをして、圧がかかってから10分程度弱火にかけ、そのまま冷ます。⑥ふたを開け、汁気がなくなるまで弱火で煮含めて出来上がり。冷めてもおいしいです。好みの味になるまで何度もチャレンジして自分の好きな味付けを求めてはどうでしょうか?②は、ニシンの余分な脂を取る効果もあるとか。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ミズぼんぼの味噌漬
ミズぼんぼ/菊/人参/ちょろぎ/みょうが/味噌①味噌に漬けこむ前に塩で漬けて余分な水分を抜きます。②全ての材料を味噌で漬けます 。ミズぼんぼは、山菜のミズ(ウワバミソウ)に秋になると付くムカゴのことです。茎の先にじゅず状になります。コリコリと歯触りが良く、かすかなぬめりも楽しめます。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


ヌキウチの味噌漬
ヌキウチ/塩/味噌①たっぷりの塩で漬ける。②1年後に取り出し、塩抜きしたものを今度は味噌に漬ける。飴色になって塩気が枯れたら美味しく食べられる。大変貴重なキノコです。不祝儀の時やお盆におふかしを食べる時などに、良く出てきます。生のままでは毒キノコとも言われますが、塩漬けにすることで無毒化するとも言われています。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


粕漬
民田ナス/キュウリ/フキ/酒粕/塩①収穫した野菜を洗って水気を切り、一度漬け終わった酒粕の樽に塩を足して一年ほど漬け込んでおく。②新しい酒粕に、同量程度の砂糖を加え、一年経った漬物を取り出して古い酒粕をしごき取ってから漬けかえす。③新しい酒粕に漬けかえてから、一ヵ月ほど経つと食べられるようになる。漬け時間が長いほど、味が染み込み、美味しくなる。酒粕に漬け込む野菜を様々に変えてみると、バリエーション豊かな粕漬を楽しむことができる。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど


味噌漬・鉄砲漬
【味噌漬】シソの実/菊/鷹の爪/とびだけ/ミズのぼんぼ/きのこ等【鉄砲漬】白ウリ/青シソの葉/人参/鷹の爪/味噌/塩【味噌漬】①シソの実や菊、とびだけなど、それぞれ塩漬けしていたものの塩をさっと洗い流し、水気を切って混ぜ合わせる。②手ぬぐいで袋を作り、①の具を入れて、味噌の樽に袋ごと漬け込んでおく。③2~3年位漬け込むと美味しくなる。【鉄砲漬】①白ウリの両端を切って長いスプーンなどで種とワタをくり抜く。②白ウリの中に塩を入れて、軽く押しをして漬ける。③2~3日たったら漬けかえをする。白ウリの中に塩をたっぷりと入れ重石をして漬ける。④シソの葉を何枚も重ね、人参と鷹の爪を巻いて1~2か月くらい塩漬けにしておく。⑤塩漬けした白ウリとシソ巻きの塩を払い、白ウリの中にシソ巻きを入れて、味噌の入った樽(容器)の中に入れて漬けておく。半年くらい漬けておくと味が染みて美味しくなる。昔から保存食として、毎年漬け込み絶やさないようにしていたという。味噌に漬けこむことにより、布の袋から味噌の成分が染み込み、野菜が丁度良く漬かる。自家製味噌を上手に活用して漬けた先人の知恵が生んだ漬物である。
材料 作り方 料理紹介・メッセージなど





このページのトップにもどるこのページをとじる
 Copyright ©2009 mamurogawa brand All Right Reserved.